大野少年が「痛い」と「この子は待たせても大丈夫だから」と

小学生のときは、友だちが投げた黒板消しがおでこに当たり、縫っている。中学校に進学後は、朝礼で貧血を起こしてしまい、直立不動のまま顔面から倒れた。アゴから鮮血が吹き出す大ケガを負っている。  痛さに強いのかケガに慣れてしまったのか、大野少年が「痛い」と口にすることはあまりなかったとか。いつも同じ病院に運ばれていたため、担当医と顔なじみ。「この子は待たせても大丈夫だから」と、ついに冷遇されるに至っ…

続きを読む