大モメにモメる中、松本潤だけは、大野にも櫻井側にもくみせず、中立的

毎夏恒例の同番組の放送は、8月22、23日に決定したことが判明。近日中にも発表される見通しだ。  ところが、放送をめぐって出演慎重派のリーダー・大野智と、積極派の櫻井翔と相葉雅紀、二宮和也の3人が対立。松本潤だけは、大野にも櫻井側にもくみせず、中立的な立場を取っているという。  もし嵐の意見がまとまらず、メインパーソナリティ…

続きを読むread more

大野智の「自由でいたいんです」にファンは複雑

終盤に榎本が発した「僕はガラスの箱に閉じ込められるのはごめんです。たとえ向こう側に行けないとしても…。自由でいたいんです」という印象的なせりふに対して、ファンの複雑な思いがつづられた。  「今聞くとなんだか泣けてしまう」「榎本さんの言葉が重いです」「このせりふは心にしみる」「切な過ぎて泣く」「うっ…刺さる」「そんなトーンで言われた…

続きを読むread more

ついに井ノ原と対面するときがやってきた。

今年11月26日の誕生日で、嵐のリーダー・大野智がメンバーで初めて40の大台に乗る。入所したのは94年で、嵐メンバーでは最古参。入所して間もないころ、ジャニー喜多川氏から言われたことで、今でも覚えている言葉があるという。 「大野はジャニーさんから『YOU、井ノ原(快彦)に似てるね』と言われたそうです。ちょうどそのころ、井ノ原もジャ…

続きを読むread more

「匂い」と巨大地震の因果関係

「1970年代に大阪市立大学の研究チームが岩石に人工的な圧力をかけて破壊する実験を行なった際、こげくさいような独特の匂いが発生することが確認されており、現在では地震発生前や斜面崩壊前に確認される現象として知られています。1995年の阪神・淡路大震災が発生する数か月前にも、神戸市東部でこのような異臭が確認されました」  高橋特任教授…

続きを読むread more

薬丸裕英、「僕はコロナで大切な人を亡くしているので許せない」

コメンテーターで出演のタレント・薬丸裕英(54)は手越の会見での発言「コロナウイルスをうつされても面倒くさいので…」について、「まず115分、1人でしゃべったのはすごい。一つの才能だと思うけど、僕がイラッとスイッチが入ったワードがあって、そこからは平常心で見られなかった」とまず話した。  「このワードを聞いた時に許せなかったです」…

続きを読むread more

郷ひろみの若パパ日焼け対策

 日傘にアームカバーで完全防備 梅雨の中休みで、30度を超える暑さのなか、強い日差しが東京都内に照りつけたある日。道の向こうから和気あいあいに連れ立って歩いてきた、家族の姿があった。一行の中で一人、日傘をさしているのが郷だった。日傘の下も、長袖のグレーのウインドブレーカー、手の甲もアームカバーでガードする徹底した日焼け対策だ。…

続きを読むread more

「ここまま終われない」と大野の変心

「5月に行われる予定だった国立競技場でのライブは延期が決定し、秋ごろに実施する方向で調整しています。しかし、新型コロナウイルスの第2波がいつやってくるかもわからず、実現の見通しはいまだに立っていないそうです」(イベント関係者) コロナ禍による緊急事態宣言が解除され、以前の日常を取り戻しつつある日本。しかし、今年いっぱいでの…

続きを読むread more

ボーアは「ボァ~って末広がり」に櫻井翔たじたじ

フリーの有働由美子キャスター(51)が22日、メーンキャスターを務める日本テレビ「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)に出演。阪神ファンとして知られる有働キャスターが、巨人ファンのお笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(42)の“優勝宣言”に「たった120分の3試合」と反論する場面があった。  大の巨人ファンであ…

続きを読むread more

大野は、正直に「ちょっとキツかった……」

ラストは大野智がイスを使った腹筋トレーニングに挑戦。「あ、キツい」と口にする大野に、武田は「止めてください! キツいって言っちゃったんですよね。なので、もう一度アタマから良いですか?」と再挑戦を指示。リトライする大野は「あ、すごい楽しいー。効いてる、効いてる!」と楽しさをアピールしながら、なんとか10回成功。武田から「キツかったですか?…

続きを読むread more

「9人だったの!?」NEWS

■3人になったNEWS 手越がグループを抜けたことによって、残るメンバーは小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久。同グループは元々は9人で結成されていたが、ついに3人まで減ってしまったことに、ファンからは「もう応援する力が残ってない」「信じられない」とショックの声があがっている。また、今回の報道をきっかけに「元々9人だったの!?」と驚く声…

続きを読むread more