驚いたのは、大野の耳の良さ、勘の鋭さ、あふれ出る想像力の高さ

映画など映像に合わせて小道具を選択し、音をつくる「フォーリー」についてレクチャー、大野は忠実に音を再現する役を担った。 「驚いたのは、大野の耳の良さ、勘の鋭さ、あふれ出る想像力の高さでした。もともとブルース・リーなど好きな映画を繰り返し鑑賞しては細部まで記憶、再現してしまう癖の持ち主でしたが、音についても例外でなく、独自のこだわりを持って聴き分けていたことが判明。鳥の羽ばたき、刀を抜く音、首を…

続きを読む

大野ファンの悲しみは深いですよ

このニュースに嵐・大野智ファンが落胆の悲鳴をあげている。  同作は、東大教授・山本博文氏の著書『「忠臣蔵」の決算書』を実写化した時代劇エンターテインメント。赤穂藩藩主・浅野内匠頭の仇討ちをするため、予算をむりやり捻出する筆頭家老・大石内蔵助と節約に励む勘定方・矢頭長助らの大奮闘を描いている。堤真一、ナインティナイン・岡村隆史が関西弁で熱演、少々毛色の変わった忠臣蔵となる。  横山の役…

続きを読む