テーマ:ピエール瀧被告

ピエール瀧被告に異例の励まし「人生」とは

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が18日、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡された。 小野裕信裁判官は判決を言い終えて、量刑について説明を始めた。そのうち、5分強は“説諭”した。執行猶予がつくことは温情ではなく、常に刑と背中合わせのリ…

続きを読むread more