「大野画伯」の気になる評価…美術の専門家に聞いた

「作風的には1970年代初頭にあったサイケデリックや古くからあるスチームパンクの流れにも見えるが、年齢的に考えてもその影響を受けたとは言いがたい。独特の世界観は狂気を伴いながらも何か不思議な哀愁感を醸し出している。友人のスペインの画家から聞いた言葉を思い出す。『毎日ストレスをためるほど、キャンバスの上に吐き出される世界は常軌を逸するもの…

続きを読むread more

“与論島行かないで”投稿のナゼ 「嵐」と関係があるのか

鹿児島県・奄美群島のひとつである与論島といえば、島内唯一の総合病院である「与論徳洲会病院」の職員で新型コロナウイルス感染が確認されたのを機に計11人の感染者が確認された。このため、与論町新型コロナウイルス感染症対策本部長名で、来島の自粛を訴える緊急メッセージも出されている。それがなぜ、「嵐」と関係があるのか。 「実は『嵐』がデジタ…

続きを読むread more

大野智が解決策を伝授するが……?

人見知りの白石が初対面の人との距離の詰め方を嵐に相談すると、大野智が解決策を伝授するが……? また、二宮和也の「ハンバーグの会 特別編」では、滝沢カレンのレシピでハンバーグ作りに挑戦。滝沢独特の物語風レシピで料理を完成することはできるのか? 松本潤が店主を務める「隠れ家ARASHI」では、SCRAPの青木竜也を迎え、吉村崇(…

続きを読むread more

生存確率1%! 神木隆之介、天海祐希… 大病から回復した芸能人たち

昨年12月に悪性リンパ腫で入院し、4月末に退院した元フジテレビのフリーアナウンサー笠井信輔。6月8日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)にリモート出演した際には、自身の病状がステージ4であり、一時は死を覚悟したことを告白した。 さらに後日、ブログで、 《内蔵がんの場合のステージは5段階ありますが、悪性リンパ腫(血液の…

続きを読むread more

リーダーの城島が社長、国分と松岡が副社長

「ジャニー(喜多川氏)が命名したTOKIOという看板は今後も背負った形で、グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます」とした。長瀬については、「少年時代にジャニーから教えられた“人の個性を大切にする”という考え方のもと、長年にわたって培ってきた表現者としてのクリエイティビティーをいかし、裏方としてゼ…

続きを読むread more

その大野が、考えを変えたのはなぜか

大野は他の4人の五輪にかける思いを感じ、それに加えてなかなかファンの前に立てないもどかしさもあり、“東京五輪期間限定”で復帰することを了承したというのだ。 今年一杯で活動を休止しても、来年の五輪期間の数週間だけでも5人が顔を揃えれば、世間に“嵐健在”のイメージを与え、ファンはいつの日か嵐が戻ってくるという希望を持ち続けることができ…

続きを読むread more

大野智、中居正広と“下剋上コント”「お前は歌うな」

9時間半に及ぶ生放送の大トリとして登場した嵐。櫻井翔は登場するやいなや「長丁場お疲れ様です」と中居を気遣った。 2020年末で活動休止を控えながらも、新型コロナウイルスの影響で予定していたコンサートなどが思うように進んでいない現状について、 松本潤は「皆さんの安全が第一」としつつ「どんな形になっても対応できるように準備したい」と…

続きを読むread more

大野智の発言に「そういうこと?」

歳取っても…? 大野とすゑひろがりずの“お戯れ”は、「大野殿楽しいお戯れだった」「やんごとなき遊戯をいつまでもずっと見てたかった」「すゑひろがりず×大野智異色だったけど大野くんいきいきしててめちゃくちゃ笑った」「すゑひろがりずと大野君との組み合わせがなんかかわいかった」「すゑひろがりず初めて見たけど大爆笑した」と視聴者からも大好評…

続きを読むread more

だから、次がある」大野智

「勝てるか勝てないかじゃなくて、やるかやらないかだ」(櫻井翔) 「どうせ私なんかが……」と、自分を卑下してしまいそうになったとき、背中を押してくれる櫻井翔さんの言葉です。勝ち負けがどうのでなくて、動いてみることの大切さを実感しますね。 「布だぜ?」(堂本光一)  男性たちにも支持される、堂本光一さんの名言です。高価な服…

続きを読むread more

歯車が狂い始めている嵐

8月22、23の両日にわたって無観客で開催されることになった日本テレビ系「24時間テレビ」。メインパーソナリティーにはV6の井ノ原快彦(44)らジャニーズの人気グループから5人が顔をそろえた。しかし、今年いっぱいで活動休止に入ることから、今年の24時間テレビの“顔”になるとみられていた嵐の名前はない。どうやら今の嵐には深刻な事態が吹き荒…

続きを読むread more