「渡部、アウトだね」

今、テレビマンが顔を合わせれば誰もが発するフレーズだ。複数女性との不倫を「文春砲」で報じられた佐々木希(32)の夫でアンジャッシュの渡部建(47)がテレビ界から“レッドカード”を突き付けられた。もはやどうあがいても渡部が復帰する道筋は見当たらないという。



「復帰は120%あり得ません。一発退場です。渡部サイドは半年から1年後の復帰を画策しているがそれはあまりにムシのいい話。引き取り手がありませんよ」と証言するのは渡部とプライベートでも交流を持つキー局のプロデューサーだ。

「一番は女性を性処理のはけ口として扱ったこと。それも1人ではなく複数人と。開いた口が塞がらない。しかも、公衆トイレに呼び出して5分以内で自分の欲望を遂げるというとんでもない扱いです。ナイナイの岡村隆史がラジオで発した女性蔑視発言はまだ妄想だったが、渡部は実際に女性をモノとして扱った。女性は完全にNGです。当然、スポンサーもNG。彼と関わるだけマイナスという判断です」と一刀両断する。

今後の渡部を待ち受けているのは借金地獄だという。

「『王様のブランチ』(TBS系)などテレビ9本、ラジオ1本のレギュラー番組を持っているが、すべて降板が決まった。ロッテのCMも放映中止。さらに渡部はグルメを気取り多くの飲食店のコンサルタントを請け負っていた。もろもろの違約金などを合わせると軽く1億円を超えるはず」(芸能プロ関係者)



 さらに今回、渡部は不倫密会現場として利用していた六本木ヒルズのオーナーである森ビルからも損害賠償を求められる可能性まであるという。

"「渡部、アウトだね」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント