嵐のベストダンサー大野智に「上手さに隠れて休憩しがち」

首と手をぶんぶん振りまくる二宮のダンスを完コピした後、流れたVTRには、同じ姿で踊る二宮がいた。無駄な動きとバッサリ切り捨てず、決してくさすことなく、「ここが素晴らしいんですよ」と声を大にして力説するかなで。ほめられているのに、ほめられた気分が味わえない二宮は「ほめてるように聴こえないんだけどな」とボソッ。

お次は相葉雅紀。「手足が長くてダイナミックな動きをするんですけど、違う動きをしがち」だという。つまり1人だけ間違えているらしい。かえでは「ここが素晴らしいんですよ。相葉さんの型みたいなのがあるんですよ」とあくまで相葉流アレンジという主張を崩さない。

嵐のベストダンサーを自他ともに認めるリーダー大野智を「本当にダンスが上手なんです」としっかり持ち上げた後、「けど、上手さに隠れて休憩しがち」と言ってのけた。驚いたMCが「休憩してる自覚ってあるんですか?」と大野に聞くと、ついにバレたみたいな顔つきの大野、「うん、ちょっとありますね」とあっさり認めてしまった。手抜きしてると責めたてることなく、「だから本当に素晴らしいんですよ」と手放しでほめたたえるかなで。

松本潤には「セクシーなんですよね、全部が。セクシーだけど、くねくねしがち。そこが素晴らしい!このくねくねが見たくて」とほめまくる。証拠VTRでは、全身くねくね状態の松本が踊っていた。

ラストの櫻井翔は「アレンジなし」ときっぱり。「振付け師の振りを忠実に(守っている)」そうだ。「櫻井・有吉THE夜会」に出演した時、かなではアレンジする心の余裕のない櫻井ダンスを、逆に基本に忠実であることから、真似して覚える一番の早道と勧めていた。

「嵐にしやがれ」で初共演した際、自分のダンス真似を見せられた二宮は「どこが俺なんだろう? 俺、そう見えてるの?」と半信半疑だったが、他のメンバーのコピーを見せられ、ようやく納得。最後の最後に「さすが、よく観てる」とほめに回った。各人へのリスペクトを忘れず、愛にあふれたパフォーマンスに徹したかなでの努力を認めたかっこう。最高の褒め言葉をもらえたかなでは満足げに感謝の言葉をのべていた


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント