山田涼介&土屋太鳳で“大ふざけ”「大怪獣のあとしまつ」

邦画大手の松竹と東映が初めて共同で映画を製作することが26日、分かった。特撮映画で倒された怪獣の“その後”を描くコメディー「大怪獣のあとしまつ」(2020年以降公開)で、主人公の特殊部隊隊員役はHey!Say!JUMPの山田涼介(26)が演じる。ヒロイン役は、初タッグになる女優、土屋太鳳(25)に決定。山田は「全力でふざけて、面白く仕上げていきたい」と張り切っている。

 日本映画史を塗り替える空想特撮エンターテインメントが誕生する。

 「大怪獣−」は、特撮映画の“その後の世界”を舞台に、首相直属の特殊部隊らが怪獣の死体の後片付けに立ち向かう姿を描くコメディー。創業125年の歴史を持つ松竹と、70年の歴史を持つ東映のライバル2社が初めて手を組む作品だ。

 プロジェクトが始動したのは5年前。三木聡監督が20年以上温めていた企画に、まずは「仮面ライダー」シリーズなど特撮作品の名手、東映が賛同。東映は「このような映画の仕掛けは規模を大きくしなければ面白くならない」と、「男はつらいよ」シリーズなど人情喜劇を得意とする松竹に相談し、昨年度の実績で邦画2位の松竹と同3位の東映のタッグが実現した。互いのノウハウを生かしたスケールの大きいコメディーを作る。

 主演に選ばれたのは、役者としても活躍が目覚ましい山田。後片付けの現場指揮の任務を背負わされた特殊部隊隊員・帯刀役で、本格的なコメディー映画は初。2社のコラボについて、「業界激震の前代未聞の初タッグがホントにこの作品で良いんですか!?と内心思いつつも、映画界の巨頭が組んで全力で“遊ぶ”ことにすごく意義がある」と、今春に始まる撮影を心待ちにしている。

 また、環境大臣秘書で帯刀の元婚約者・雨音役は、土屋に決定。特撮作品に勇気をもらってきたといい、「山田さん演じる主人公を支えるチームの一員として、全ヒーローへの恩返しを込め、踏んばります!」と意気込んでいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント