だが、やはりひと味違ったのが、リーダーの大野智だった

ドラマ「10の秘密」(火曜後9・00)チームとしてゲスト出演した俳優・向井理(37)が勝負下着の迷彩柄パンツをはいて同番組に臨むも結果が出ず「このパンツはもうはかない!」と宣言した流れから櫻井翔(37)が「下着の話、していい?」とトークをスタート。

 ライブで汗をかき、シャワーを浴びた後に着替え用に持って来ていたはずのパンツがないことに気づいた櫻井。腰にバスタオルを巻いただけの状態で「どうしよう!」「うわっ!マジか!?」と慌てていたところ、相葉雅紀(37)が「僕のパンツあるけど、使う?」と声をかけてきたのだという。

 相葉の優しさからくる配慮だったが、「いやいや、それは無理!ちょっとネクストレベルが過ぎるよ!」と返した櫻井に、相葉は「洗ってあるよ?」とあっけらかん。櫻井は「どう?男性陣に聞きたい!」とこのエピソードを受けての見解をそれぞれに問うた。

 すると、今月22日にCDデビューするジャニーズJr.の「SixTONES(ストーンズ)」松村北斗(24)は「0:100でないですね」と即答。相葉は「すげーショックだわ。なんか俺のパンツがイヤみたいなさぁー」と不満の声をあげた。だが、向井も「無理!」と即座に回答。相葉は「ショック…」とつぶやいた。「だったらノーパンで…」と続けた向井に、二宮和也(36)は「じゃ、俺が貸したら?」と一言。まさかの質問に「一緒、一緒!別に相葉くんがイヤとかっていうことじゃないから」と返す向井だった。

 ここで松本潤(36)は「さすがにこんだけ一緒にいれば別に平気かな」と回答。だが、やはりひと味違ったのが、リーダーの大野智(39)だった。「まず、でも…においをかぐかな」。想像のナナメ上をいく答えにスタジオは「やばっ!」という言葉とともに爆笑に次ぐ爆笑。「いいにおいしたら…いいじゃん」と独特の感性をにじませていた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント