櫻井翔に話を振られたリーダー大野智「いやー、まだ、あの・・・」

「嵐にしやがれ」(2020年1月11日夜9時~・日本テレビ系)嵐の後輩グループで、1月22日に同時デビューするSixTONES(ストーンズ)とSnow Man(スノーマン)が 「しやがれ記念館」にゲスト出演。年内いっぱいで活動を休止する嵐にとっては、事務所の屋台骨を支えることになるホープの大事なお披露目。いかに視聴者にアピールできるか、フルにサポートする羽目となった。

とはいえ、前者が6人、後者が9人の大所帯。先輩といえど、顔と名前が一致しない状態らしく、櫻井翔に話を振られたリーダー大野智も「いやー、まだ、あのちょっと忙しくて(覚えていない)」とおぼつかない様子。そこで、「嵐に知ってほしいボクたちのコト」として、それぞれの特技をアピールすることになった。ボードに書かれたメッセージを嵐メンバーがチョイス、次々披露していく。

ごますり具合は完璧ではSixTONESが一歩リード
「激辛好き」の松村北斗(SixTONES)が七味唐辛子を1瓶丸ごと入れたご飯を平気な顔でかきこめば、向井康二(Snow Man)はおでこで卵の早割り(30秒で13個)を披露。「超軟体芸」をあげた目黒蓮(Snow Man)はリンボーダンスで70センチの高さを見事クリアー、体を張ってみせた。逆効果だったのは、体脂肪率5%のマッチョボディーをさらし、「人間ダンベル」を見せた岩本照(Snow Man)。手足を海老ぞらせダンベル役を務めた深澤辰哉(Snow Man)の方が目立ってしまう結果に。

高地優吾(SixTONES)は相葉雅紀大好きなことから、手紙をしたため思いのたけを告白。おとぼけキャラの相葉は大感激、「人間性が大好き」と絶賛アピールした高地をハグする喜びよう。そもそも高地は昨年8月の「24時間テレビ」リハーサル終わりに、相葉に「尊敬してます!!」とにじり寄るなど猛アピールしていた。いきなりの告白にびっくりした相葉は、楽屋がわからなくなり、女子更衣室に迷い込む失敗をやらかしたそう。

「高地のせいで1回捕まりそうになった」と口をとんがらせて、ニヤニヤ。櫻井を尊敬してやまない田中樹(SixTONES)が得意のラップで櫻井をほめまくって櫻井をデレデレさせるなど、SixTONESのごますり具合は完璧だった。嵐メンバーの覚え抜群でポスト嵐の地位を手中にしたのは言うまでもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント