大桃美代子さん48歳で「えっ、白内障と緑内障?」…失明の不安 手術へ

テレビのバラエティーや情報番組などでお茶の間の人気者になった。好奇心が持ち味。新潟県の出身で食や農業に関心が高く、自ら無農薬米作りに取り組んでいる。また、韓流ドラマの宣伝番組出演がきっかけで、語学留学もしたほどの韓国通だ。

 元気に活動していた2013年2月、目のかゆみを感じた。目やにのようなものが出ていたので、綿棒で取ろうとするとビューッと伸びて取れない。目やにではない。「花粉症とかアレルギーかな」と心配して、眼科を受診した。

 視力や眼底、眼圧、視野などの検査を受けて、医師の診断を聞いた。「アレルギーではなく、白内障が進んでいます。それに緑内障です。目から出てきたのは粘膜ですが、それは問題ありません」

 「えっ」と言葉を失った。「白内障はお年寄りの病気でしょ、それに緑内障って失明の危険が……」

 白内障は目のレンズの役割をする水晶体が白濁する病気で、多くは加齢に伴って起こるが、若くして発症する場合もある。緑内障は、視神経に障害が起こり、視野欠損や失明の原因になる。

 「白内障は様子を見ましょう。緑内障は進行性の病気ですが、いい点眼薬があるので、それで管理していきましょう。心配いりませんよ」と医師に言われた。この時、48歳。「なんでこうなっちゃったんだろう……」。失明の不安もあって落ち込んだ。

[大桃美代子さん]48歳で「えっ、白内障と緑内障?」…失明の不安 手術へ
写真・奥西義和
人工眼内レンズに取り換える手術
 2013年、48歳の時に白内障と診断されて驚いたが、思い当たる症状もあった。視野がぼやっとするので、眼鏡を洗ってかけ直してみるが変わらない。「視力が低下したのかなぁ。眼鏡の度を調整しよう」と思っていた。同時に緑内障と診断され、3、4か月に1度眼科に通い、緑内障の点眼薬を使うようになった。

 それから1年あまりすると、昼間、光が乱反射してまぶしく感じるようになった。困ったのは台本など手元の文字が読みにくいことだ。鏡を見ると、右目の真ん中が白く曇っている。老人性の白内障は周囲から白くなるが、若年性は中央からかすんでくることが多いという。

 仕事に差し支えるので、14年6月、白濁した右目の水晶体を人工の眼内レンズに取り換える手術を受けた。水晶体は対象の距離に合わせて膨らんだり薄くなったりしてピントを合わせる。一方、人工レンズの焦点は固定で、焦点が一つの単焦点と遠近に合う多焦点レンズがある。

 「多焦点は遠くも近くも見えるけど、その間の見たい所が見えづらいことがある」と説明を受けて、単焦点レンズを選んだ。

 手術では、目の水晶体を超音波で砕いて吸い出し、眼内レンズを入れる。10分ほどで終わり、日帰りだった。「レンズを入れたら驚くくらいはっきり見えました。明るさが違いますね」

ヨガで気持ち前向きに
 2014年6月に右目に白内障の手術を受けた。レンズは焦点距離を希望で選ぶが、「裸眼で本が読めるように」と考えて、焦点が近くに合うものにした。テレビ出演の時はもう少し先が見えるようにコンタクトレンズを使っている。

 白内障の不都合は手術で解消したが、気になるのは緑内障。眼球内の水分が増えて眼圧が上がり、視神経を圧迫する場合と、眼圧は正常でも視神経に異常が出る場合がある。自分は後者の正常眼圧緑内障だった。

 白内障の手術を受けたころ、セカンドオピニオンで別の医師に緑内障を診てもらうと、「落ち着いている」と言われ、ほっと安心。医師の同意を得て点眼薬をやめた。この薬は、目の周りなどに色素沈着の副作用が出ることがあるというので気になっていた。

 手術の後、「少しは運動を」とヨガを始めた。それまで運動が続いたことはなかったが、ヨガは身についた。「体が軽くなって楽になりますね。目のことで落ち込んでいたけど、気持ちが前向きになりました」

 自称「健康オタク」。自分で作った無農薬米を玄米で食べ、野菜は1日350グラムの摂取を心がける。青汁は何年も続け、肌のためにいいという健康食品も欠かさない。失明の原因になる加齢黄斑変性症の予防にもなると、医師に勧められ、サプリメントのルテインも習慣になった。


星がきれいに見える幸せ
 白内障と緑内障の診断を受けてから6年余り。眼科の定期受診は欠かさず、幸い、いずれの病状も特に変わりはない。今は注意をしながらも、目のことで過剰な心配をせず過ごしているが、診断当初は落ち込んだ。

 「私の目にきれいなものや美しいものをもっと見せたい。もし、目が見えなくなった時に思い出せるように」。そんなことも考えた。あの頃は軽いうつだったと思う。大丈夫だと思ってはいても、不安に心は揺れた。

 そんな時、医師の言葉が胸に響いた。「目って精神的なことも左右するから、おおらかにしていてくださいね。定期検査は必要ですが、心配し過ぎてはいけません」。自身のブログには、「眼圧が高くて緑内障が心配」と言った声も届く。「不安は私もわかるけど、お母さんが暗いとお子さんに影響するから、明るくいきましょう」と自分に言い聞かせるように返信する。

 もともと前向きに考えるのが信条で、「やってみたいことはためらわずにやる」と思っている。昨年はフィリピンのセブ島に英語留学をした。いくつかの町で観光大使を務める韓国に毎月のように出かける。

 そして目の病気を経験したからこそ思う。「今日も星がきれいに見えるねっていうありがたさを、より深く味わいたいですね」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント