イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

「桜を見る会」をめぐる疑惑で絶対絶命の安倍政権。11月26日にあのイチローこと鈴木一朗氏(46)を首相公邸に招き、国民栄誉賞の授与を打診したものの、すげなく断られたという。イチローは小泉政権下の2001年と04年、そして引退後の今年3月にも打診を受けたが、いずれも固辞している。

 そんな“無理筋”に頼み込んでまで人気取りをしようとしたのは、それほど政権が追い込まれているからだろう。

 翌27日も“キングカズ”こと三浦知良(横浜FC・52)が首相官邸を訪れたため、さらなる憶測を呼んだが、どうやら政府の“本命”は来年いっぱいで活動休止する人気グループ「嵐」のようだ。

 国民栄誉賞の表彰にあたっては、民間有識者の意見を聞くことになっているが、細かい条件が定められているわけではない。内閣府のホームページを確認すると、「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」と書かれている。この条件に照らし合わせる限り、嵐が国民栄誉賞を授与したとしても何ら不思議でない。


さらに言えば2011年8月にサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が受賞している。つまり団体・グループの受賞もアリということだ。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「最近、安倍首相に怪しい動きがありました。11月30日夜に東京ドームに駆けつけ、嵐のコンサートを鑑賞。その後、わざわざツイッターに〈素晴らしい歌を披露してくださった嵐のメンバーの皆さんに感謝の気持ちを伝えることがきた〉と投稿までしたのです。もしかしたら、天皇陛下の即位を祝う『国民祭典』で奉祝曲を歌った嵐に本当にお礼を言いたかったのかもしれませんが、国民栄誉賞を乱発してきた今の政府のことですから、言葉を額面通り受け取ることは難しいですね。国民栄誉賞授与の可能性は十分にあると見ています」

 確かに第2次安倍政権発足後、授与したのは7人で歴代内閣で最多だ。5年半近く続いて1人にも授与しなかった小泉政権と比べても、明らかに多すぎる。「出しすぎ」とか「人気取り」といった批判がつきまとうのも無理がないのだ。

「嵐をめぐる国民栄誉賞授与の動きには、昭恵夫人の意向も働いているのかもしれません。夫人はK-POPアイドルなどイケメンがお好みと聞きますからね」(前出の芋澤貞雄氏)

 ちなみに、歌手の国民栄誉賞となると、1992年の藤山一郎(故人)以来となる。果たして嵐の受賞はあるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント