「嵐」の札幌、荒天予報 14日からドームコンサート 道外ファン、冬靴求める姿も

人気アイドルグループ「嵐」のコンサートが14日から3日間、札幌市豊平区の札幌ドームで開かれる。石狩管内は14日夜から16日にかけて大荒れとなる予報で、増便するバス会社は渋滞など交通の乱れを警戒。一足早く道外から駆けつけたファンは「帰りの便が欠航しないか心配」と気をもんでいる。



ドーム近くのイトーヨーカドーはファンで混雑
 13日はドーム駐車場でグッズのプレ販売が行われ、ドーム近くのイトーヨーカドー福住店はファンで混雑した。同店は14日以降の悪天候に備え、店内に約100席の休憩スペースを用意した。引山暢哉(みつや)店長は「傘やカイロは在庫を十分に確保した」と話す。

 店内では、雪の予報を知り、冬靴を急きょ買い求める道外ファンの姿も見られた。12日に結婚が発表されたメンバー二宮和也さん(36)のファンという千葉市の女性会社員(40)は「複雑な気持ちもあるが、会場で『おめでとう』と祝福したい」と有給を取って13日に札幌入りした。14日にコンサートを見て、市内を観光し、17日に成田便で帰る。「本物の嵐とぶつかるとは予想外。帰りまでには天候が回復してほしい」と話した。

輸送の乱れ警戒 バス会社
 札幌管区気象台によると、石狩管内は14日夕から雪が降り、16日にかけてふぶく見通し。大荒れの影響が懸念されるのが公共交通機関だ。

 北海道中央バス(小樽)は16日まで、札幌ドームを経由して新千歳空港と札幌市中心部を結ぶバスを1日最大30便近く増やす方針。ただ、悪天候でJR北海道が運休すれば、一般客が殺到する可能性もある。担当者は「市外からバスを集め、できる限りの対応をしたい」と備える。

 札幌のタクシー会社は「雪が降れば一般客の予約も集中する。市内でタクシーが一時的につかまりにくくなるかもしれない」と話している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント