あの笑顔に救われた中居正広

ある日、飲んだ帰りの“シメ”に訪れた中華料理店で「半ラーメン&半チャーハン」のセットメニューを頼んだ中居。だが、出て来た料理は中居いわく「本ラーメンと本チャーハンぐらい」の量で、完食することができなかったという。

 「僕、イヤなのね。お店に行って残すの。ほんっと大嫌いなの」。先に出て来たチャーハンの量を見て「このチャーハンならいける」と思ったが、チャーハンを完食してラーメンを全部残すのは失礼だと考え、チャーハンもラーメンも何とか8割方を食べたがギブアップ。「ヤバい…。どうしよう…」。食事を残すことなど到底許せない中居は悩みに悩んだが、仕方なくこのまま退店することにしたという。

 そして、帰り際。店員に「ご馳走様でした」と言った後で「すいません、残しちゃいました。申し訳ないです」と謝罪すると「全然大丈夫ですよ」と明るい声が返って来たという。「好きになりそうだった、あの女の子。タイ人かな。ベトナムの人なのか。“全然大丈夫ですよ”って言われた時に、俺、この人と一緒になろうかなと思ったもんね。あの笑顔に救われた」。

 その優しさに報いるためにはどうしたらいいのか。スタッフからもう一度食べに行けばいいのでは…と勧められたが「万が一のプレッシャーも心理的に良くない。また食べれなかったら…。スゲーうまかったんだけどね…」と引きずりまくりの中居だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント