果たして2020年末の活動休止からどれくらいで活動再開と流れるのか。

「もともとグループの活動休止に反対だった相葉を中心に、メンバー間の根回しが進んでいくことになるでしょうね。早ければ2年程度……活動再開を求めるファンの声が強ければ、2021年にも再開に踏み切る可能性もあります」(テレビ局関係者)

 実はすでに一部民放では、「活動再開」に関するプロジェクトが立ち上がっているともウワサされている。しかし、この企画で最大の障壁となるのが大野だ。果たして1年や2年で大野は十分に休養できるのか。

「櫻井翔(37)は複数のインタビューの中で『嵐には1人が嫌だと言ったことは絶対にやらないというルールがある』と明言しています。ただ、嵐は年間300億円以上も稼ぎ出すスーパーグループですから、事務所としては1分、1秒でも早く再結成して欲しい。これをどのようにクリアしていくかが課題になるでしょう」(前出のテレビ局関係者)

 1月の会見でメンバーたちは「5人でなければ『嵐』ではない」と繰り返したが、果たして本当にそうなるのか。大野の今後の動向から目が離せなくなってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント