ドコモの「昔のケータイ復活サービス」に広がる動揺の声

9月1日、NTTドコモは電源が入らなくなった古い携帯を再充電し、保存されていたデータを蘇らせるという「復活!あの頃ケータイ」なるサービスをスタートさせたが、これにユーザーからは動揺の声が広がっている。
 
「このサービスは2018年7月から東海地区限定で実施されていましたが、好評だったことから全国展開することになったという。長期間使っていない携帯電話は、異常発熱などを防ぐために電池パックがロックされてしまい充電ができなくなりますが、ドコモに持ち込めばロックを解除して再起動することが可能になります。古い携帯のデータはデータ移行機を使って新しい携帯にコピーすることもできるとのことです」(ITジャーナリスト)

 ドコモと契約していない端末やユーザーでもサービスを無料で利用することができるとあって重宝されそうなサービス。しかしネット上では、《嬉しい!と思ったけど、昔の端末に残されているのは見たいデータだけではない…》《パンドラの箱を開けてしまう可能性もある》《掘り起こさない方がいい過去だっていっぱいある》など、データ復活に二の足を踏む意見もが噴出している。
 
「昔の携帯を復活させると、保存していた写真や動画、メール、メモなどを閲覧、再生できるようになります。中には昔の恋人や不貞相手の写真などがわんさか出てくる可能性もありますからね。思い出を振り返りたいユーザーやビクビクしながら怖いもの見たさでサービスを利用するユーザーなど、様々のようです」(フリーライター)

 自分にとってのお宝写真なんかも出てくるかも!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント