ファンの願いを叶えてあげたい中居正広と嵐、「共演NG説」解除の背景

《まさかというか、ついにというか…》、《共演NGだとばかり思っていたけど、そんなことなかったんだ!》──インターネット上でファンたちのこんな反応を引き起こしたのは、7月13日放送の『音楽の日2019』(TBS系)に嵐のメンバーが出演すると発表されたからだ。


『音楽の日』は、2011年から中居正広が司会を務める大型音楽特番。昨年は、V6やNEWS、KAT-TUN、三宅健(39才)と滝沢秀明のユニット「KEN☆Tackey」など中居の後輩らが多数出演し、総勢100組以上のアーティストとの共演となった。しかし、そこに嵐の名前はなかった。
「かつて、中居さんが司会を務めていた『うたばん』(TBS系)では何度も共演していました。しかし、2009年以降、紅白歌合戦のような特別な舞台を除くと、中居さんと嵐はもちろん、SMAPと嵐の共演はほとんどありません。SMAPは大晦日のジャニーズ事務所恒例のカウントダウンコンサートにも出演してこなかったので、ここ10年は接点がありませんでした」(テレビ局関係者)
 そうした事実が、共演NG説となって、噂されてきた。
「長い歴史の中で、SMAPはTBS、嵐は日本テレビというすみ分けができていたことが大きい。メーンで活動する局が違えば、共演が減るのも当然です」(番組関係者)
 日本テレビでは『音楽の日』と同様の大型音楽特番『THE MUSIC DAY』が2013年の夏から毎年放送されており、櫻井翔(37才)が司会を務めている。過去にその番組にSMAPが出演したことはない。
「音楽番組はどうしても出演者が似てしまう傾向にあるので、各番組の担当者は個性を出そうとメインの出演者がかぶらないように細心の注意を払います。アーティストの所属事務所側もその事情はよくわかっていて、特に司会者はほかの音楽番組には出演しないように配慮します。その結果、人気者同士の共演が実現せず、まるでタブーな距離感が出来上がってしまうのです」(芸能関係者)


ファンの願いを叶えてあげたい
 ではなぜ今回、共演が叶ったのか。“タブー”を打開できた理由の1つは、中居のある願いだったという。
「SMAPの解散を経験した中居さんとしては、嵐にはできるだけ多くの番組に出演してほしいという思いがあったようです。“これまでの習慣を変えたい”“テレビ局の垣根を越えてもいいのでは”と、制作サイドと話をしたと聞いています」(前出・テレビ局関係者)
 振り返るとSMAPは、解散騒動が起きてから、音楽番組で歌う機会はなく、コンサートも開かず、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回で『世界に一つだけの花』を披露しただけだった。5人で歌う姿をじっくり見納めたいというファンの願いは、叶えられなかった。嵐のファンのためにという気持ちも状況を後押しした。
「嵐は、来年末をもって活動を休止します。残された時間はそう長くありません。出演できる音楽番組も限られています。そうした状況で、できるだけ多くのファンに、できるだけ多くの場で歌を届けられるようにしたい。中居さんの気持ちとあいまって、約3300日の“共演NG”が解禁されることになったんでしょう」(前出・番組関係者)
 中居と嵐の共演というと、『うたばん』でのお約束「下克上コント」が思い出される。先輩である中居のフリを受けて、大野智(38才)が「普段がカッコ悪い」「今度ラーメンおごってやるよ」などタメ口で中居にけんかをふっかけ、ほかの4人があわてて止めに入るというミニコントだ。
「久々の共演ですから、今回はそのコントも見せてくれるのではないでしょうか。活動休止まで、あと1年半。中居さんは嵐のいろいろな姿をファンに見せたいし、それは嵐のメンバーも同じです。活動休止まで精力的にスケジュールをこなしている嵐の出演は、ほかの出演者と比べてもだいぶ早く決まったそうですから、さまざまな企画を準備する時間はあったはず。それに、ジャニー(喜多川・社長)さんが救急搬送されてしまった今こそ一緒に盛り上げて、元気を出してほしいと思っているはずです」(前出・芸能関係者)
《これまでずっと出てこなかったからうれしい》、《久々の絡みが見られる》、《録画しなくちゃ!》などと、その日を待ちわびる声がネット上にはあふれている。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック