74歳・杉良太郎、免許を返納「自分で判断しました」

歌手で俳優の杉良太郎(74)が7日、東京・大井の鮫洲運転免許試験場を訪れ、運転免許証を自主返納した。

 警察庁特別防犯対策監として、行動せずにはいられなかった。「70歳の時に教習所で再交付してもらったが、大変な講習だった。次(の75歳時に)は返納しようと思っていた。自分で判断しました」と明かした。

 25歳の頃に免許を取得。都内では運転しないが、昨年も別荘のある青森でハンドルを握った。昨今、高齢ドライバーの死亡事故が増え、加齢による身体機能、認知機能の低下による事故の発生が指摘されるが、ひと事とは思えなかった。

 「(70歳時の)講習で、危険を察知した時の目や手の反応が以前よりも違った。70歳を過ぎると、1年ごとに体調の変化が大きく、健康上の問題が出てくる可能性がある。そこが落とし穴になるんじゃないかと思った」

 まだまだ健康には自信があるが、判断スピードの衰えを痛感。8月14日の誕生日を前倒ししてでも、返納する決断をした。妻の歌手・伍代夏子(57)からは「いいんじゃない」という言葉をもらったという。

 内閣府の2017年版交通安全白書によると、75歳以上の免許保有者数は約513万人。警察庁によると、昨年1年間の75歳以上の返納者は29万2089人で過去最多を更新。5年間で3倍に増えたが、4月に東京・東池袋で80代男性が運転する車に母子がはねられて死亡するなど、悲惨な事故が後を絶たない。杉は「家族が『この人、運転無理だ』と思ったら支えてあげないと。もっと早く(自主返納の)決断をした方がよかった。後の祭りでしょう」と無念さをにじませた。自主返納者には運転経歴証明書が与えられ、タクシーの運賃割引などの特典が付く。「車がないと不自由という人も大勢いる。その中で自分がどう判断するか。家族がどう進めるか。警察にも相談してほしい」と熱く語った。

 ◆今年起きた主な高齢者ドライバー事故◆

 ▼87歳 4月19日、東京・東池袋で87歳男性が運転した乗用車が暴走し、母子2人が死亡、8人が負傷。

 ▼80歳 6月3日、大阪市此花区で80歳男の運転する車が歩道に突っ込み、幼い子ども2人を含む4人が負傷。

 ▼81歳 6月4日、福岡市早良区で81歳男性が運転する乗用車が暴走し、男性と76歳の妻が死亡、7人が負傷。

 ▼87歳 6月6日、名古屋市中区で87歳男性が駐車場から出て、ワゴン車に激突。横転しながらタクシーと衝突し、男性と後部座席に乗っていた83歳の妻がけが。

 ▼76歳 6月6日、大阪市平野区で76歳男が運転する車が駐車場から急発進し、60代男性をはねた後、公園の柵に激突。

 ▼80歳 6月7日、千葉市美浜区で80歳男性の運転するタクシーが歩道に突っ込む。けが人はなし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック