一番好きな嵐のシングル曲ランキング

2020年12月31日でグループの活動休止を発表した嵐。記者会見ではメンバー全員で、それぞれの言葉で説明、丁寧で誠実な姿勢が話題を呼びました。休止の発表後には、CDやライブ映像のDVDなどが品薄状態と報じられるなど、嵐人気がさらに加速した様子。
そこで、今だから思う「一番好きな嵐のシングル曲」について聞いてみました。

1位 A・RA・SHI
2位 Love so sweet
3位 One Love

1位は『A・RA・SHI』!

1999年発売の嵐のデビュー曲『A・RA・SHI』。デビュー当時に限らず、音楽番組や節目などで歌う機会が多く、最も長く歌われている楽曲と言っても過言ではありません。
軽快なテンポで、思わず口ずさんでしまう歌詞で構成された前向きな楽曲。曲中には、櫻井翔のラップが入っており、当時としては珍しい挑戦でした。そんなグループを印象付ける楽曲、『A・RA・SHI』が堂々の1位となりました。

2位は『Love so sweet』!

2007年発売の通算18枚目のシングル『Love so sweet』。メンバーの松本潤が出演したテレビドラマ『花より男子2』(TBS系)の主題歌で、ドラマのストーリーとリンクしたこともあり人気を集めました。
ラブソングでありながら、メッセージが性が強く、落ち込んでいるときに聞いても勇気をもらえる楽曲となっており、人気の高さも頷けます。

3位は『One Love』!

2008年発売の通算22枚目のシングル『One Love』が3位にランク・イン。2位と同様に、松本潤が出演した映画『花より男子F(ファイナル)』の主題歌でした。
究極のラブソングとの呼び声も高い楽曲で、現在も結婚披露宴で使用されることが多く、ウエディングソングの定番曲に。永遠の愛を誓うという、どストレートな歌詞の連続にキュンとした人も多いはず。そんな聴けば幸せな気持ちになれる楽曲、『One Love』が3位となりました。

このように、デビュー曲に加え、『花より男子』シリーズの主題歌が2曲上位を占める結果となりました。気になる4位~60位のランキング結果もぜひご覧ください。

嵐が現在までにリリースしたシングル曲はトータルで56枚。みなさんが好きなシングル曲は何位にランク・インしていましたか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック