引き際の美学を貫いた森昌子

安室奈美恵も40歳の若さで引退宣言。惜しまれつつ行われた引退コンサートは大きな話題になった。平成の終わりを直前に今度は森昌子が還暦を迎えた区切りに引退を決意。異例の会見を行った。アイドル発掘番組「スター誕生!」から生まれた最初の歌手として13歳でデビュー。圧倒的な歌唱力は「第2の美空ひばり」とも称された。森進一との結婚で家庭に入り一時、引退したが、離婚で復帰を果たしていた。近年はコンサートを中心に精力的に活動していただけに、唐突な引退は意外だった。

「芸能活動以外のことに時間を使って人生を充実させたいと思うようになりました」と理由を語ったが、別な見方もある。

「今後の目標を聞かれて、口ごもってしまった」という言葉に歌手としてのジレンマが透けて見える。

 歌手を続ける以上、常に次への挑戦を持つことがモチベーションにもなる。ホリプロ時代の後輩、石川さゆりは布袋寅泰のギターとコラボして「天城越え」を歌い、最近も民謡をアレンジした楽曲を出すなど新たな挑戦を続けている。森は往年のヒット曲で全国を回っているが、セーラー服で「せんせい」を歌うなど工夫はしているものの、それは来場したお客さんを飽きさせずに楽しませることが目的。いくつになっても歌手としての進化を目指す石川とは違う。

 一世を風靡した森。目標のなくなった歌手生活よりも、引き際の美学を貫いたのだろう。会見に涙はなく爽やかな顔だった。今後の人生を楽しむのも賢明な選択だったと思う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック