稲垣吾郎 SMAPを語る 「独特な緊張感上にも2人いて、下にも2人

 俳優の稲垣吾郎(45)がMCをつとめるTBS系のブックバラエティー番組「ゴロウ・デラックス」(木曜・深夜0時58分)が28日深夜の放送で最終回を迎えた。

 2011年4月にスタートした同番組。28日は322人目のゲストとしてバラエティー番組初出演のノンンフィクション作家の沢木耕太郎氏(71)を迎えた。

 取材をもとに書くノンフィクション作家ということで、トークはいつの間にか稲垣が“取材”されるようになり、本音を語る場面もあった。

 人との関わりについての話から、稲垣は「独特な緊張感があったので、グループっていうのは」と、解散したSMAPについて話し始め、「常に思ってたことなので、この緊張感…って。グループにいるってことというか、そこに居させてもらっているというか…。大企業に勤めていたような感じで」と、SMAPを「大企業」と表現した。

 「独特な感覚だと思いますが、上にも2人(中居正広、木村拓哉)いて、下にも2人(草ナギ剛、香取慎吾)いたし、自分で中間管理職って言ってたんですけど、置かれた自分の立場とか求められるキャラクターとか、ポジションみたいなものの緊張感があったのかもしれない」と本音を明かし、「僕がゲストみないになってますね」と照れた。

 エンディングでは、「8年間、毎週毎週、楽しみにしてくださった方がいて、終わってしまうのは少し寂しいんですけど、これを続けてこられたことに本当に感謝してますし、何より視聴者の方には心から感謝しています」と感謝の思いを伝え、最後は「いつかまた、どこかでお会いしましょう。ばいばい」と、アイドルの顔で両手で手を振って締めくくった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック