宇宙Six 嵐愛が爆発「後輩で嵐兄さんの秘密や裏を知ってるのは僕ら」

ジャニーズJr.の5人組ユニット「宇宙Six」の江田剛(31)、原嘉孝(23)、松本幸大(30)、山本亮太(29)が25日、大阪市内で舞台「のべつまくなし」のPR会見を行い、2020年をもって活動休止する事務所の先輩グループ・嵐への愛を爆発させた。

 5人は嵐と親交が深く、松本は「後輩で嵐兄さんの秘密や裏を知っているのは僕ら」と断言。「嵐の活動休止までに宇宙Sixとしてこうなりたいという目標は」と聞かれると、思いがあふれ出た。

 江田は「宇宙Sixが目指してるのは嵐さんのようなグループ。誰がセンターに立っても輝けて、切磋琢磨(せっさたくま)してる。それぞれがそれぞれを尊敬している。そういう背中を見て育ってきたので、最後の最後まで見届けたいし、近づきたい」と力説。原も「嵐兄さんはすごく仲がいい。ライブMCを聞いてても、裏で話していることのまま」とうなずいた。

 山本は「江田がここ10年くらい『嵐みたいになりたい』と言ってる。(嵐は)裏でも仲がいいし、それぞれがそれぞれのいいところを外にプレゼンできる」とし、自分たちも真似したいとした。

 さらに、「松本潤さんが(嵐の)ライブを作るとき、ソロ(パート)をどうしようとなって、二宮君にタップやってみて!大野君にマジックやって!櫻井君にドラムやって!というのをプロデュースしたら、みんなが200%くらい(のできばえ)で返してきてすごいなと」と絶賛。「10年くらい(嵐を)サポートさせてもらってるんで、最後の最後は僕たちがサポートしたい」と希望した。

 松本は「願わくばテレビで共演したい。嵐兄さんの秘密を見てる。そういうのを発揮できるように、メディアで一緒になるのが夢」と笑顔で明かした。山本が「(宇宙Sixでは)江田が『次期・松本潤さん』みたいになってくれないかなと思っている」と告白すると、原が「(今作の)レビューショーも演出する。(江田を)信頼している」と続いた。

 嵐とのメディア共演のためにも、「のべつまくなし」で名前をさらに売りたい宇宙Six。今作は和を意識したミュージカルで、コメディー部分や殺陣(たて)もあるといい、江戸時代の有名なキャラクターが出てくる。4月25日~5月6日まで東京・サンシャイン劇場、5月9日に名古屋・アートピアホール、5月15日~18日まで大阪・サンケイホールブリーゼ、5月23・24日に北九州芸術劇場で上演される。メンバーの目黒蓮(22)は声の出演となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック