稲垣吾郎、27年前の初月9の“失態”回顧「大問題になったらしい」

俳優の稲垣吾郎、渋川清彦が24日、都内で行われた映画『半世界』の舞台あいさつに出席した。

 劇中の葬式シーンでは、棺に入り撮影に臨んだ稲垣。「5回、NGを出してしまった…」と照れ笑いを浮かべつつ「動いちゃいけないのは絶対条件。昔、ドラマ『二十歳の約束』(1992年)をやった時に海で死ぬシーンを思い出しました」と回顧。

 当時も“動かない演技”には苦戦したようで「その撮影の時に死んでいるのに目が動いちゃって。“月9デビュー”だったのにやらかしちゃったんですよ」と“失態”を悔やむと「それが編集室で大問題になったらしい」と苦笑いで明かしていた。

 共演の渋川も「俺は結構、死体役が多い」と自虐交じりに切り出し「いかにお腹を動かさないよう息をするのか心がけている。お芝居というより、運動に近いかも」と、苦労を共有していた。

 本作は『エルネスト もう一人のゲバラ』、『人類資金』、『北のカナリアたち』などを手がけた阪本順治氏が脚本・監督を務めるヒューマンドラマ。かつて一緒に過ごした3人組のうちの1人が前触れもなく田舎へ戻ってくる。何があったかを決して口にせず、仕事を辞め、家族と別れ、1人で帰ってきた。ワケありの仲間の帰還が、残りの2人にとっては「これから」を考えるきっかけになっていく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック