活動休止会見で大野智と櫻井翔が着用していたジャケットは?

1月27日の記者会見で、2020年をもって活動を休止することを発表したアイドルグループ嵐。その記者会見で大野智と櫻井翔が着用していたのは、TOKYO BASEが手掛ける「ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO)」のジャケットだった。




19年春夏アイテムの“ウォッシャブルウールポンチジャケット”で、大野はグリーン、桜井はキャメルを着用。ウエストに絞りがないボックスシルエットながら、肩幅を余分にとることで肩が落ちるドロップショルダーとなっている変形ジャケットだ。

価格は1万9000円で、会見報道後、同ブランドがツイッターで着用情報をツイートしたこともあり、売り上げは増えたという。

「活動休止は驚きましたが、大事な会見の場で着用いただきうれしく思います」(同社広報)。

なお桜井は同ジャケットの下に、「ユナイテッドトウキョウ」と同じくTOKYO BASEが手掛ける「ステュディオス(STUDIOUS)」の“ドレープフライフロントクレリックシャツ”(1万3000円)を合わせていた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック