ファッションへのこだわり・センスがない大野智

つい最近まで、母が買ってきた服を着ていた。

 しかし、運動神経がよく、飲み込みが早いことは、ジャニーズJr時代から有名。嵐の結成前に出演した初の主演舞台「ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO』では、1日5公演をこなす偉業を達成。10代で、慣れ親しんだ東京を離れ、京都に単身で長期滞在しての公演だった。

 この経験は、その後の活動に確実に生かされた。櫻井翔が初めてV6のバックダンサーを務めるとなったとき、ダンストレーナーから、「大野のうしろで踊れ」といわれた。大野は、Jrのお手本になっていたのだ。

 いっぽう、天然キャラがすっかり浸透しているのは相葉。出身の千葉県内で両親は、庶民的な中華料理店を営んでいるが、ジャニーズタレントとしては珍しく、それを包み隠さずカミングアウト。今では、ファンの集合場所になっている。

 家族全員が仲いい相葉一家。かつて、メンバーが相葉の実家に遊びに行った際は、家族全員が一台のワゴン車に乗って、最寄り駅までお出迎え。車内に乗りこむと、母、父、息子らが、まさかのしりとりをはじめた。予想を超えるホノボノぶりに、メンバーは相葉のルーツを見た気がした。

 この相葉の空気感こそが、嵐の真髄。日本国民に愛される理由は、ここにあるのだ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック