だって大野くんの『夏休み』

 嵐が27日、ファンクラブサイトで動画を配信し、2020年12月31日をもって活動休止することを発表した。その理由はリーダー・大野智の「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」気持ちが強かったためと報告されている。

 この理由について、28日、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演したデーブ・スペクターの発言が話題になっている。

 デーブは嵐の記者会見を観て、「会見としてはとってもよかったですし、頂点で辞めることは非常にカッコいい」「12月31日だと紅白が最後になるのかもしれません。それもとってもいい」と賞賛したが、休止の理由については
「ただ、ごめんなさい、どうして休むかという理由が具体的にはハッキリと伝わってこない」と批判とも取れるコメントをした。

 これに対し、芸能リポーターの井上公造は「会場ではもそういうことを言っている記者の方はいました。具体的には何をするか決まっていないではないかと」とコメント。しかし、会見では他の番組・記者も「自由になりたい」理由にはツッコまなかったことを明かしている。

 続けて井上は「ただ僕はわかるんですよ、中学時代からずーっとやってきて、ある意味世間を知らないんですよ。そういう意味で大野くんに有給休暇をあげてもいいんじゃないの」と引退の理由を説明している。

 このデーブの発言についてネットでは、「何をするか決まってないんじゃなくて、何も決められてない束縛のない自由な時間がほしいから休みたいんじゃないの? 」「だって大野くんの『夏休み』でしょう? 好きなことを好きなようにやりたいよね」「休むのに具体的な理由は必ず必要なの?まるで、有休取るのに理由を必ず書け!って労基法違反な会社の感覚」「『自由な生活をしたい』も立派な理由だと思うけど」と、デーブの発言に対する反論が多くみられた

一方でわずかながらデーブのように大野の発言に違和感を覚えた人もいるようで、「大野はやりたい事決まって無いけど、休みたい理由はなんなの?」「自由な生活は表向きだろ。ホントは結婚云々で事務所やメンバー間で揉めたんだろ」といった憶測も呼んでいた。

 騒動の渦中にいるデーブだが、28日のツイッター上では「今日テレビのリモコンが壊れたと思ったが、各チャンネルで嵐の会見をやってるだけだった」「嵐の活動休止で統計問題がかすんだため厚労省 がジャニーズに御礼状を出したという噂」と投稿して、いつものデーブ節を爆発させていた。

 デーブの投稿を受け、ツイッターユーザーからは、「壊れたのはジャニーズ帝国」「ちょっとやり過ぎ。あまりやり過ぎても、目も心も疲れちゃう。 他のニュースもやっとくれ」「NGT問題もかすみましたね」「他のニュースで問題視されていた事件が世の人の頭から消えてしまったこともたくさん起きてるんでしょうね」「嵐の活動休止も安倍政権の陰謀だと言い出すヤツがきっと出てくる」と嵐のニュースの優先度が高く 、他の報道がなくなってしまったという声も多く上がっていた。

 今回の大野の活動休止宣言の理由について、各メディアで疑問の声が出ていなかっただけに、デーブの発言がファンの間で波紋が広がっているようだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック