トイレの神様・植村花菜、8月に芸名変更していた 現在はニューヨーク拠点

「トイレの神様」が大ヒットした歌手の植村花菜が12日、フジテレビ系「ノンストップ!」のインタビューに応じ、現在は米・ニューヨークを拠点に活動していることを報告。8月には芸名を「Ka-Na」に変更していたことも明かした。
 番組では10年に「トイレの神様」が大ヒットした植村にインタビュー。当時について「めちゃめちゃ忙しかった。忙しかったしか覚えていない」と苦笑いで振り返った。そんな中、11年に仕事で行った米国に衝撃を受け、翌年にギターを抱えて「2カ月ぐらい」米国内を旅したという。
 英語もできない、知り合いもいないという状況の中、道で演奏を披露したり「ライブハウスに飛び込んで」舞台に立つなどを繰り返していたという。
 その旅の最後に訪れたニューヨークで現在の夫と出会い13年に結婚。15年には長男も出産した。だが、植村の米国への思いは募るばかり。「あらゆるエンタテインメントの最高峰がある。そこに自分の身を置くことで自分の音楽、違ったアプローチ、新しいものを生み出せると思った」と16年にニューヨークへの移住を果たした。
 もちろん経済的には苦労が絶えなかった。「収入は(ストリートライブの)チップだけ」だったといい、「全然暮らしていけない。貯金は減る一方」だったというが、今はニューヨークでの生活も落ち着き、日米を行き来しながら音楽活動を続けているという。
 そんな中、8月には芸名を「Ka-Na」に変更していた。理由は米国人が「植村」をうまく発音できず「ウエムワー」などと間違って覚えられてしまうためだといい、それならどこの国でも発音しやすい名前にしたと説明していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック