集中するあまり鼻を鳴らして変顔まで披露する大野

熱さ90度の飴の塊を約5分で様々な形に仕上げる飴細工職人からの課題は金魚。今にも鳴き出しそうなカエルなどお手本に目を見張る大野は、1度作り方を見せられただけでのチャレンジに「バカじゃないの」とひるんでしまう。和ばさみで切って形を整えるものの、重力のせいで飴は形を変え、どんどん固まっていく。 大野は「これね、これができないんすよ、普通に」と弱音を吐いた後、「ああ、もう凹んでるわ」とため…

続きを読む