永遠のヤングマン・西城秀樹の青春映画が胸を打つ!

まだネットがなかった1970年代、一般家庭の娯楽といえばTVだった。夕食の頃からTVの前に家族が集まる。そんな時代にあって、郷ひろみ、野口五郎とともに男性アイドルの「新御三家」と呼ばれ、目鼻立ちの整った顔と深みのあるハスキーボイスでお茶の間を賑わせ、多くのファンを虜にしたのが西城秀樹だ。 西城がデビューしたのは1972年。「ワイルドな17歳」とのキャッチフレーズでシングル「恋す…

続きを読む