俺はリーダー 趣味は釣りーだー 

次の実践編では、大野の特徴をあげたリストをもとに自己紹介ラップにトライ。木村は「とにかくドヤったもん勝ちだと思うんですよ。俺はこんなことができるぜ、あんなこともできるぜ。で、おまえはどうなんだ? みたいな」感じで攻めまくるのがカッコイイらしい。自己主張は二の次、メンバーを立てるのに徹する縁の下の力持ちとは、正反対の役回りだ。それでも嵐のリーダーという唯一無二のポジションを前面に出してアピ-ルする…

続きを読む

ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

ジャニーズ事務所の内情を知る関係者によれば、アラフィフになった今でも、城島の結婚は容易ではないという。結婚をにおわせる左手薬指の指輪にしても、双方の家族への挨拶にしても、嵐の二宮和也(36)と伊藤綾子(38)とパターンは同じ。あの2人はあれだけ交際を騒がれながら、今も結婚に至っていない。この関係者は次のような情報も口にした。 「ジャニーズ事務所のアイドルグループは、最終的にジャニーさんの『…

続きを読む

10年後 「リーダーはようやく婚約した頃」と

二宮和也(以下、二宮):10年後もやっぱり嵐を続けていたいですね。個々の仕事がもっと増えてる気がするから、嵐で会う時間の密度が濃くなるんじゃないかな。いまよりもっと、一緒にいるのが楽しくなると思う。 櫻井翔(以下、櫻井):いまのレギュラー番組も、10年後も続いてるといいよね。それってすごくない? 松本潤(以下、松本):ライブもやっていたい。いま、毎年できてることが奇跡だと思ってる。ま…

続きを読む

だったら、なぜ“外様”の大野がグループのリーダーとなったのか?

しかし、ジャニー氏には“松潤をセンターにして、もう一度やり直せないか……”という強い思いがあったらしく、1年後に「MAIN」のメンバーを中心に、「嵐」として華々しくハワイでデビューを果たす。“中心に”というのは、「MAIN」から生田が抜け、事務所に入ったばかりの櫻井翔(37)と、95年に「Junichi&JJr」というグループですでにCDデビューしていた大野が合流することとなったためだ。 …

続きを読む