大きな盛り上がりを見せる沢田研二さんの“今”の魅力とは

沢田さんは変わったアーティストだ。1967年のデビュー以来、アイドルを経て大歌手として地位を築き歌謡界のメインストリームにいたはずが、いつの間にかそこから距離を置き、ロッカーとして独自の路線を貫いている。同年代の歌謡歌手たちのように若作りすることはなく、新曲もヒット性を無視した作風のものがほとんど、歌唱法も往時とは異なるシャウトを多用したものに変わっている。しかも2018年からはバック演奏はギタ…

続きを読む