どれだけ温厚な大野智でも、怒らないことはないようだ

〝20年間で一度だけ〟ブチギレた経験を明かしていた。それはデビューしてから2、3年のころ、マネジャーがメンバーをそれぞれ最寄りの駅に降ろしていき、大野と松本潤が新宿駅で降りることになったのだが、松本が「ねえ、リーダー、今からメシでも行く?」と、車から降りずに大野に5分ほどウザ絡みをしてきたという。


すると、一刻も早く家に帰りたかった大野は「早く降りろよ!」と怒鳴り、その後、松本から謝罪メールが送られてきたそうだ。しかしその内容も「俺が悪かったなら、ごめんね」のような文面で、大野は「さらにムカついた」と明かしている。

どれだけ温厚な人でも、怒らないことはないようだ。

"どれだけ温厚な大野智でも、怒らないことはないようだ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: