山P「お前のここが嫌いだ」と、ぶつけ合ったという

番組では芸能生活の輝かしい歴史を振り返る「表年表」、そして知られざる素顔に迫る「裏年表」を紹介。ここでスポットが当てられたのは、2005年に亀梨と結成した期間限定ユニット「修二と彰」だ。日本テレビ系ドラマ「野ブタ。をプロデュース」でのダブル主演をきっかけにコンビを組んだが、「負けず嫌い」の山Pは結成直前に亀梨と一触即発状態にあったという。

 シングル「青春アミーゴ」がミリオンセラーを達成するなど一世を風靡した2人に何があったのか? 山下は「グループ的にもNEWSとKAT‐TUNは同じ世代でバチバチしてました。そういう中で、(亀梨は)華麗にウインクとか決めるんですよ。それで『キャーッ』とかってなるんですよ。僕は男とばかりつるんでいたので、そういうのはちょっと恥ずかしいかなというところで嫉妬していた」と理由を説明した。だが「今、考えると亀のプロ意識に対して、できない自分がふがいなかった」と打ち明けた。

「仲が悪かった」2人は、ドラマの撮影に入る前に「お前のここが嫌いだ」と、ぶつけ合ったという。「お互いの気持ちをゼロにして、スッキリしてからドラマ撮影に挑んだ」と語る山下に、ジャニーズ事務所の先輩・櫻井翔(37)は「よくゼロになったね」と驚きの表情。山下は「お正月に亀の家で一緒に飲むというのが、ここ4?5年続いている」と、親密な関係であると話した。

 2人は17年4月スタートの日テレ系ドラマ「ボク、運命の人です。」で12年ぶりに共演。「亀と山P」として主題歌を担当した。


"山P「お前のここが嫌いだ」と、ぶつけ合ったという" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。