かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

2月11日(現地時間2月10日)、音楽業界最高峰の「グラミー賞」の様子がWOWOWで放送された。「news zero」(日本テレビ系)のキャスターを務める嵐の桜井翔(37)が現地でリポートし、他の嵐のメンバーも“お忍び”で授賞式を見学したことが一部で大きく取り上げられているが、今回の“主役”が山下智久(33)だったことを忘れてはいけない。昨年まで番組スペシャルゲストを務めた「TOKIO」の長瀬智也からバトンタッチ。山下はジョン・カビラ、ホラン千秋とともに米・ロサンゼルスの人気名所「ステープルズ・センター」から生中継した。

 レディー・ガガやマイリー・サイラスら参加者が歩いて会場入りしたレッドカーペットで、山下と桜井の“絡み”も実現。確かにこれは、結構レアなシーンといえるが、そこに今回のグラミー賞で3部門にノミネートされた世界的な音楽プロデューサーのゼッド(29)が乱入する場面もあった。ゼッドは2012年10月に発表した「クラリティ」で一躍米国の音楽シーンを席巻。アリアナ・グランデをフィーチャーした「ブレークフリー」は世界的ヒットとなった。安室奈美恵のプロデュースでも知られる。


“海外デビュー”を果たした山下の露出がここに来て急激に増えている。今回のグラミー賞のスペシャルゲストの仕事もそうだが、これが終わるとすぐに4月スタートの連続ドラマ「インハンド」(TBS系)の収録で沖縄へ向かう。昨年は2年ぶりの全国ツアーと、4年ぶりのオリジナルアルバムリリースを発表。今月13日には5年半ぶりとなるニューシングルを発売した。かつてはジャニーズ事務所の“お荷物”みたいな言われ方をしていたのに、今や異例ともいえる“再プッシュ”状態なのだ。

「山下はいずれ元SMAP3人の『新しい地図』が所属する事務所『CULEN(カレン)』に移籍するのではないかとみられていました。カレンの社長が山下の才能を高く評価し、本人も社長を信頼していたためです。ところが、山下の独立はひとまず立ち消えになったと言っていいでしょう。契約交渉は6月ごろから始まる予定ですが、もし山下が契約を延長しないなら、事務所も山下をここまでサポートしないはず。もちろん、事務所プッシュの背景には、昨年公開の山下の主演映画『劇場版 コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―』の興行的な大成功もあったと思います」



山下は海外志向が強く、「海外で仕事をしてみたい!」と周囲に漏らしてきたという。実際、たびたび海外へ行って、現地の音楽関係者らとも接してきたそうで、WOWOWの中継を見ていても流暢な英語を話していた。今回、ジャニーズ事務所が山下に与えたグラミー賞の仕事は“慰留工作”のひとつともいえそうだ。これまで、長瀬はスタジオから出てロケすることはなかったが、今回、山下は音楽プロデューサーの楽曲制作の現場を取材したり、ゼッドのビバリーヒルズの豪邸を訪れたりと至れり尽くせりだった。

 もっとも、山下も失ったものがあったのではないか。結婚を噂されていた女優の石原さとみとの交際が、白紙に戻されたのは2年前の秋。山下が石原とは別の女性と旅行に行ったことが破局の理由とされているが、関係の清算を口にしたのは山下だったとも私は聞いている。

 解散、脱退、活動休止という、事務所にマイナスの流れが続く中、山下はその流れに逆らって、仕事運を自分に引き寄せてみせたといえそうだ。ただ、それが本当に正解だったかは数年後まで分からないかもしれない。


"かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。