郷ひろみがジュリーを、華やかなパフォーマンスで魅了する

収録再開の先陣を切ったのは郷ひろみ。昭和~平成~令和と時代を駆け抜けて活躍する日本歌謡界のスーパースターで、MCのリリー・フランキーが「日本歌謡界の“太陽”」と形容した“HIROMI GO”が、華やかなパフォーマンスで魅了する。

 21日放送回でカバーするのは、同じ時代を彩ったスターであり、尊敬して止まない存在という沢田研二の大ヒット曲「勝手にしやがれ」。そして、こちらも歌謡シーンに刻まれる名曲、寺尾聰の「ルビーの指環」。さらに最新曲「ウォンチュー!!!」をテレビ初披露し、ダンサーとのソーシャルディスタンス・ダンスで鮮やかに魅せる。

 翌28日放送回は、デビュー40周年を迎え、「木蘭の涙「夢伝説」など名曲を生み続けてきたバンド、スターダスト☆レビューが登場。根本要(Vo/Gt)が「先生」と慕う小田和正の大ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」を披露する。スペシャルゲストとして、小田が歌うオリジナル版でギターを演奏したギタリスト/音楽プロデューサーの佐橋佳幸が加わる豪華共演も必見だ。
 もう1曲は、竹内まりやの「元気をだして」。スタレビならではのアカペラパフォーマンスによる温かいコーラスワークで酔わせる。このほかにも、自身のライブ鉄板曲「今夜だけきっと」、バンドの想いが詰まった最新曲「ちょうどいい幸せ」を演奏する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント