全国一斉の臨時休校…異例措置に学校や家庭で混乱も

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国すべての小中高校などが週明けの3月2日から臨時休校する見通しとなった。

 最終的な判断は各自治体に委ねられるが、年度末でもあり、教育現場に及ぼす影響は深刻だ。年間に必要な授業時数は確保できるのか。学習に遅れは出ないのか。そしてひとり親家庭や共働き世帯などでは低学年生の世話を誰が見るのか。異例の措置に学校や家庭の混乱が懸念される一方、子供を守るためには必要だと理解を示す声もあった。

 「驚いている。しかし政府の方針が示された以上、教育現場が混乱しないよう最大限の措置をとる。そのための具体策を検討している」。文部科学省幹部は、今回の方針が官邸主導で急遽(きゅうきょ)発表されたことを認めつつ、こう話した。

 文科省は25日、必要に応じて臨時休校を検討するよう求める通知を全国の都道府県教育委員会などに出したが、各自治体の判断を尊重し「全国一律に休校を要請するものではない」としていた。それが一転、一斉の休校要請となったのだ。

 懸念されるのは休校中の児童生徒の学習の遅れだ。学校教育法施行規則などには年間に必要な授業時数が定められている。年度末のため、休み明けに繰り越すことはできない。

 文科省は「進級や進学に不利益が生じないよう配慮する」とし、今回の措置で授業時数が足りなくなっても、法令違反にならないとの見解を示す。ただし、児童生徒の学習に遅れが出るのは避けられない状況。家庭学習を課そうとしても、プリントなどを準備する時間がほとんどない。文科省は「家庭学習用の教材の紹介など、各教委とも連携しつつ、できる限りの対策に努めたい」とする。

 働く母親らの間では当惑と不安が広がった。

 「困るけど、仕事は休むしかない」。小学3年の娘がいる東京都江東区の女性会社員(34)はこう話し、「外出は控えたほうがいいのなら家にいるしかないが、子供はストレスがたまらないか心配だ」。

 小学生と幼稚園児2人の計3人を育てる目黒区の30代女性は「上の子が通う少年野球も練習がなくなり、ずっと家にいることになる。下の子が通う幼稚園や保育園はどうなるのか」と困惑した。

 「共働きなので、幼い子に留守番をさせておかなくてはいけなくなる」。小学1年の長男(7)と幼稚園児の次男(5)を抱える都内の女性会社員(41)も不安を隠せない。普段は長男を学童保育に預けており「そちらも休業となれば仕事を休まざるを得なくなるが、収入に響く。働く母親のことを政府は考えているのか」と不満をぶちまけた。

 一方、小中学校の大半が既に休校になっている北海道。子供が通う学校が休校になった旭川市の40代の女性は「(政府の方針は)時期が早い気もするが、感染を未然に防ぐという意味では歓迎したい」と話した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント