東京五輪“1年延期”言及に嵐ファン嘆き 「活動休止はどうなるの?」

新型コロナウイルス感染拡大を受け、国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド氏が、東京五輪開催について1年延期の可能性に言及したことが、ロイター通信によって報じられた。


報道によれば、パウンド氏は7月24日の開会式に向けて全力を尽くしているとしながらも、事態が収束しなければ1年間延期の可能性もあるとした。この報道を受け、インターネット上では「オリンピック1年延期」がトレンド入り。「強行開催するよりはマシ」「選択肢の一つとしてあり」といった肯定的な意見や、東京五輪に向けて準備しているアスリートを心配する声などがみられた。


開催1年延期の可能性にさまざまな声があがっているが、一部ではジャニーズグループ「嵐」の行く末を心配するファンも。嵐の5人はNHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターを務めており、歌手の米津玄師が作詞作曲した楽曲『カイト』が「NHK2020ソング」にも選ばれている。しかし、嵐は今年いっぱいで活動休止を発表しており、万が一東京五輪の開催が1年延期した場合、彼らはどうなるのだろうか。そのため、インターネット上では「嵐にとって2021年はないのに」「休止も延期するのだろうか…」「活動休止はどうなるの?」といった声もみられた。

予定通りの開催が望ましいが、優先されるべきは人々の安全。延期ということになっても、多くの人が理解を示すだろう。とはいえ、嵐ファンにとって2020年はもっとも重要な1年といっても過言ではない。記念すべき活動ラストイヤーで、東京五輪・パラのスペシャルナビゲーターとして活躍する5人の姿を楽しみにしているファンは大勢いるはずだ。はたして、東京五輪はこのまま開催されることになるのか。今後の展開を注視したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント