平野紫耀 「スキル磨きたい」と関西Jr.を選択した

King & Princeのメンバーとして人気絶頂の平野紫耀(23才)。JR名古屋駅から電車で40分。閑静な住宅街を進むと、築30年を超える2階建ての木造アパートが見えてくる。こぢんまりとしたその建物が、平野の生家だ。両親とともに3人で住んでいたが、弟が生まれたころに両親が離婚。母親は女手ひとつで、兄弟を育てたという。

 その後、小学校に入学してすぐに、ダンススクールに入った平野。そのセンスは抜群で、名古屋でも注目される存在となった。

◆オーディションなし 特例のジャニーズ入り

 転機が訪れたのは、高校1年生のとき。ダンススクールの東京合宿だった。

「この合宿は、著名な講師から直接指導を受けられる貴重な機会でした。その日は、かつて男闘呼組や忍者といったジャニーズグループの振り付けを担当してきた人だったんです。平野さんの才能を一目で見抜き、すぐにジャニー(喜多川)社長に紹介しました。平野さんはそのままジャニーズ事務所に入所。オーディションを受けずにジャニーズ入りするのはかなり珍しいケースです」(芸能関係者)

 だがこれは、小学1年生から一緒に踊り続けてきた友との“別れ”を意味していた。

「平野くんは、名古屋の仲間たち一人ひとりの元を訪れて、感謝の意を伝えたそうです。申し訳なさそうに頭を下げる平野くんを前に、互いの活躍を誓い合って背中を押したそうです」(平野の知人)

◆「関西」を選んだプロ意識

 15才でジャニーズ事務所に入所した平野は、ジャニーズJr.に所属。その際、東京か関西か、所属先に悩んだという。

「活動機会の多さを考えれば、東京でしょう。ところが平野さんは、自分のダンスレベルなどを冷静に判断し、いきなり東京で勝負するのではなく、関西でスキルを磨くという決断をしました。急がば回れという言葉の通り、将来を見据えて鍛える時間を確保したのです」(前出・芸能関係者)

 関西ジャニーズJr.の一員として、コンサートの舞台に立ったり先輩のバックで踊るなど、テレビや舞台でも活躍するようになる。

 そして、2015年に18才で上京した

「慣れない東京暮らしを心配して、紫耀くんのおばあちゃんが一緒に上京しました。同じ部屋に住んで、食事の面倒などを見てくれた。ただ、おじいちゃんの体調があまりよくなくて、おばあちゃんは東京と名古屋を行ったり来たりの生活が続きました。疲弊するおばあちゃんを心配した紫耀くんは、“自立しなきゃ”と家事全般をさらに頑張った。“平野家特製”の回鍋肉をマスターした去年の春頃、おばあちゃんは名古屋に戻りました」(祖母の知人)

 キンプリはデビュー前まで、Mr.KING vs Mr.Princeと名乗っていた。平野のほか、永瀬廉(21才)と高橋海人(20才)が所属するMr.KINGと、岸優太(24才)、岩橋玄樹(23才)、神宮寺勇太(22才)の3人からなるPrince、それぞれ別のユニットが活動を共にするという立ち位置だった。2016年以降はMr.KINGとPrinceそれぞれでの活動が目立ち、CDデビューにはなかなか至らなかった。

「この頃は、ジャニーズからの新たなCDデビューはしばらくないといわれていました。2014年4月にジャニーズWESTがデビューしてから、後に続くグループがなかったからです。それだけに、2018年にMr.KINGとPrinceが、1つのグループになってデビューするというニュースには驚かされました」(前出・芸能関係者)

 事態を動かしたのは、平野の直談判だった。

「3人ずつのグループで活動していた彼らは、6人で1つのグループとしてデビューしたいと考えていました。その意見を平野さんがとりまとめて、ジャニーさんに直訴したそうです。ジャニーさんも予想していなかったようです」(前出・芸能関係者)

 そこからの活躍ぶりは、誰もが知るところだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント