幾重の時を駆け抜けながら 列車がここに帰って来るように…

5月にデビュー50周年を迎える歌手、野口五郎(63)が人気デュオ、コブクロの小渕健太郎(42)とタッグを組み、新曲「光の道」を発売することが22日、分かった。歌手になるため中学生で上京した野口と父の秘話を聞いた小渕が作詞作曲した。野口はこの日、東京・渋谷のオーチャードホール公演で万感の思いを込めて同曲を初披露。“ゴローの日”の5月6日に配信シングルなどで発売することも決まった。

 ♪幾重の時を駆け抜けながら 列車がここに帰って来るように…

 野口は、小渕サウンドの真骨頂ともいえる爽やかなメロディーに乗せて、デビュー当時の思い出をかみしめるように「光の道」を熱唱した。

 同曲の誕生は、野口が共通の知人を通じて知り合った小渕とカラオケで意気投合し、昨年初めに新曲を依頼したことに始まる。同9月に3時間に及ぶ打ち合わせで、デビューするまでの苦悩と父親の愛情に支えられた熱い思いを打ち明けた。

 歌手になるため中学生で上京したが、初めてのレコーディングの直前、変声期になりデビューは延期に。絶望した野口は、仕送りを渡すため毎月上京する父、佐藤進さん(1997年他界)が帰るたびに追いかけて「もう駄目だ!」と切り出そうとしたが、進さんは何も言わずに毎回地下鉄の駅へと消えていったという。

 後日、進さんが「振り向いて息子を抱きしめたかったが、振り切る思いで地下鉄に向かった」とつづった手紙がテレビ番組で披露され、野口は初めて父の思いを知った。

 話を聞いた小渕は、昨年のオーチャードホール公演で聴いたエネルギーあふれる野口の歌声を思い出しながら親子の愛情を書き下ろし、作詞、作曲、編曲の全てを務めた。そのデモ音源が今年1月20日に野口のもとへ届いた。偶然にも進さんの生誕100年の日(99歳の誕生日)だった。

 野口は公演で「子を思う親の気持ち。それを思わぬ子。故郷の駅で父と撮った写真を小渕君に見せました。画面の向こうに物語があった」と振り返り、客席で見守っていた小渕に感謝した。

 小渕はサンケイスポーツに「五郎さんの音楽と夢を支えてこられた方々や、五郎さんの歌に想いを重ねてこられた方々に届くといいなと願いながら作りました」と明かした。

 「光の道」はゴローの日の5月6日に配信シングルとしてリリース。ミュージックビデオも撮影され、野口が発案した動画配信サービス「テイクアウトライブカード」で同日からAmazonや50周年ツアーの会場で発売される。

テイクアウトライブ

 「コンサートを持ち帰る」をコンセプトにした動画配信サービスで、カードのQRコードをスマートフォンかタブレット端末で読み取ると、ライブ映像を見ることができる。野口が路上ライブでCDを手売りする若者たちを見て、音楽に集中できる環境を作ってあげたい思いからライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」を考え、2011年に特許を取得。13年にサービスを開始し、DREAMS COME TRUEやBOYS AND MENらが販売してきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント