池江璃花子 白血病公表以降初のテレビ出演 闘病生活に「死んだ方がましと思った」

白血病からの復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(19)=ルネサンス=が19日、テレビ朝日系「報道ステーション」にVTR出演した。昨年2月に白血病を公表して以降、初めてのテレビ出演となった。放送では「池江璃花子 今、伝えたいこと」とテロップが出て、元プロテニス選手でタレントの松岡修造と18日に約1時間対談したという。

 今の健康状態について「安定しています」と話し、復帰に向けトレーニングをはじめた画像も出された。「筋肉痛がすごかったんです。できない自分がおもしろい。ここからどれくらいのスピードで成長できるか楽しみです」と前向きに話した。

 白血病を告知された時の様子も明かし「抗がん剤治療で髪の毛が抜けますといわれて大泣きしたんですけど部屋に戻って、本心でポジティブな気持ちになっていました」と心境の変化を明かした。

 闘病は苦しく「携帯なんて絶対触れない。テレビもみられない。音も聞きたくない。ご飯も食べない。それが2週間続いたので。もう寝返りうつのもしんどかったし、そういう状況だったので、数千倍どころじゃない、人が感じる苦しいというレベルが違う苦しさなんだろうなと思いました。人によって苦しさの度合いは違うんだろうけど、こんな経験は2度としたくない」と思い出し、「一番しんどいときは死にたいと思いました。こんなに苦しい思いをするんだったら死んだ方がまし」と、本音を吐露した。

 ただ「その言葉を今だったり、あとあとものすごく反省しました。なんでそんなことを思ったんだろう」と生きていることの大事さをといた。

 今後の目標は「2024年パリオリンピック出場。パリ。覚悟はしています。パリに出られなくても次があると思ってます。自信があるわけではないんですけど、目標は必要。水泳だけでなく人生において」と五輪出場への意欲を示した。

 テレビ出演について「たくさんの方に見てもらうことで病気の方たちにも希望を持って治療に励んでほしいし、とにかくここまで元気になれる人間がいるから、あなたも元気になれるよということを伝えたい」と、メッセージを送った。

 池江は昨年2月に白血病を患ったことを公表。約10カ月間の入院生活、造血幹細胞移植を経て、同12月に退院した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント