東大がん専門医のがんにならない食習慣、コーヒー5杯など

日本人の死因1位のなったがん。がんについての知識を学ぶ上で大いに参考になるのが、東京大学医学部附属病院の放射線科准教授である中川恵一医師が上梓した『知っておきたい「がん講座」リスクを減らす行動学』だ。中川氏は一昨年に膀胱がんが見つかった。それ以降、より「がんリスク」についての研究を深めてきたという。中川氏にがんにならない食習慣を教えてもらった。


 大切なのは、各個人が「がんに関する正しい知識」を身につけることです。例えば、日本ではかねて「がん家系」という言葉が知られ、遺伝の影響を心配する人も少なくありませんが、「遺伝の影響は5%程度」というのが正しいところ。それよりも、がんの原因の6割以上と考えられている「生活習慣」に気をつけるべきです。

 私は2018年12月に膀胱がんが見つかりました。幸いにも大きさ1.5センチの早期がんだったので内視鏡手術を受けて切除できましたが、当事者になって、改めてがん予防の重要性を実感しています。正しい食習慣の情報を見ていきましょう。

◆百寿者の“肉好き”は必然
 がん患者が増加する背景には、食の欧米化の影響もあると言われます。日々の食卓に並ぶ食材のメリット・デメリットは正しく知っておきたいところです。

●高齢者こそ「たんぱく質」を摂る
 がんと診断された途端、肉類を一切口にしなくなる患者さんは少なくありません。しかし、がん発症後はもちろん、予防のためにも、たんぱく質が多く含まれる肉や乳製品などの摂取は必要です。

 特に66歳以上の高齢者では、高たんぱく質の食事を摂る人は低たんぱく質の人に比べ、がん死亡率が60%低いとの研究結果もあります。むしろ高齢者こそ肉を食べたほうがいいわけです。

 がんは加齢とともにリスクが高まりますが、100年以上生きている百寿者のがん罹患者は少ないというデータもあります。実際、百寿者は肉や乳製品などをたくさん食べているのです。

●同じ食品を「食べ続ける弊害」
 身体によいとされる食べ物も摂りすぎは禁物です。運動は多ければ多いほどがんリスクを減らしますが、食べれば食べるほどリスクが減るというわけではありません。

 大切なのはバランスよく食べることです。例えば健康的と人気の玄米やヒジキには、発がん性のある無機ヒ素が含まれています。無機ヒ素はお米にも含まれ、国際がん研究機関はお米を、最もリスクが高い「グループ1」に分類しています。内閣府食品安全委員会は〈ヒ素について食品からの摂取の現状に問題があるとは考えていない〉としていますが、過剰摂取はお勧めできません。

●野菜・果物は「ジュースだと逆効果」
 野菜や果物はがんの予防に有効ですが、ジュースなどの加工品には注意が必要です。

 フルーツジュースは2型糖尿病のリスクを高めます。糖尿病は膵臓がんと肝臓がんのリスクを2倍、大腸がんのリスクを1.4倍に高めます。野菜ジュースも、がん予防効果は生食ほど期待できない可能性が指摘されています。

●「サプリで栄養補給」の落とし穴
 緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンもがん予防に効果的ですが、サプリとして服用すると、逆に肺がんのリスクが上昇するという研究結果があります。

 同じくナッツ類もリスクを減らすことが分かっていますが、ナッツ類に多く含まれるビタミンEのサプリを摂りすぎると死亡率が高まります。

●コーヒーは「1日5杯以上」
 コーヒーを1日5杯以上飲む人は、肝臓がんのリスクが4分の1に低下するとの研究があります。宮城県の約3万9000人を対象にした調査でも、コーヒーを飲む人は、口腔、咽頭、食道がんのリスクが5割程度低くなっています。私のような酒好きにも朗報ですので、ブラックで1日5杯は飲んでいます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント