まるで4年後に嵐が活動しているような言い方ですね

オンラインストリーミングサービスを提供するNetflixの『嵐』のドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary -Voyage-』第2話が、1月28日に配信された。この中で、ある女性スタッフの発言を巡り、ファンの間では「復活の伏線か何か?」などと波紋が広がっているようだ。


同番組は、「嵐」の活動休止となる今年の12月31日までの姿を追うドキュメンタリー。毎月、不定期更新で全20話以上が配信される予定となっている。第2話では、5人が20周年アニバーサリー

ツアー『5×20』に向け、打ち合わせとダンス練習に励む姿がたっぷりと収められている他、5人それぞれの意気込みを語るシーンも収録。「嵐」の思いが伝わる内容に、ファンからは、

《これを見たらアイドルのイメージが変わる。ジャニーズのイメージが変わる》《細部にまでわたって演出考えてくれてたのにずっと感動してる》


などと、大好評を博しているようだ。


そんな中、ある女性スタッフが何げなく発した言葉に注目が集まっているようで…。


「コンサートで流す映像撮りの打ち合わせの際、女性スタッフが『4年後には画質落ちるから、今またフリ付け動画を撮り直そう』と発言したのです。嵐の活動休止期間は未定であるため、〝事実上の解散〟ともウワサされていましたが、この発言はまるで4年後に嵐が活動しているような言い方ですね」(芸能ライター)




嵐ファンの復活の呪文“4年後”



この〝4年後〟発言に対し、ファンからは、


《4年後の画質についてめちゃくちゃ考えてる》
《#2の4年後って嵐復活の伏線か何か?》
《4年後の2024年は「嵐」が25周年になるから、遅くともそこでは復活してほしい》
《4年後って、、意味あるの?》
《4年後じゃなくとも未来の「嵐」のために撮ったんだよね!と信じることにするよ》《4年たったら戻ってくるって決まってるのか??とも思ったんだけどどうなんでしょう?》


などと、〝復活説〟を唱える声が上がっている。その一方で、こんな意見も

「このドキュメンタリーが撮影されたのは、活動休止を〝発表する前〟で、女性スタッフは何も知らなかっただけかもしれません」(前出の芸能ライター)

万一、Netflix側の〝うっかり〟ならば、今後大変なことになりそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント