「杏樹よ、おまえもか……」と

世の中高年男性は「杏樹よ、おまえもか……」と泣きたい心境だろう。ドラマ「あすなろ白書」「相棒」などで知られる女優の鈴木杏樹(50)が、元歌舞伎役者で劇団新派の俳優、喜多村緑郎(51)と千葉の海浜公園でデートしキスしたり、休憩料金4000円のラブホテルに4時間しけ込む場面をキャッチされたのである。



 スクープした週刊文春によると、出会いは昨年秋に京都南座で1カ月公演された藤山直美主演の喜劇「道頓堀ものがたり」。共演者同士の打ち上げで意気投合し、年末には深い仲へ。喜多村には元タカラジェンヌ貴城けい(45)というれっきとした妻がいるのだからリッパな不倫である。

 同誌の直撃に杏樹は「奥さまがそういう心配をされるようなことはしていないと思います」と不倫関係を否定。一方の喜多村は「交際というか……」と言葉に詰まり、海岸デートやラブホ密会を問われると徐々に涙目になり、何を尋ねられても押し黙ってしまったという。もうひとりの当事者、喜多村の妻の貴城は「それが事実だとすれば、それは許せないと思います」とし、杏樹への思いを聞かれると10秒以上の沈黙のあと「人生を……返してほしい」とつぶやいたそうだ。

 芸能界は杏(33)の夫で俳優の東出昌大(32)の不倫発覚で大騒ぎの中、今度は不倫の匂いなどみじんも感じさせない鈴木杏樹がマサカの当事者になってしまった。本人を知る芸能関係者はこう言う。

「杏樹さんは医師だったご主人を2013年に亡くして以降も、身持ちが堅く、浮いた話は皆無だった。もちろん、あれだけの美女ですから大手広告代理店幹部やテレビ局幹部やら、たくさんの男たちからアプローチされていましたが、まったくなびかなかった。彼女の住んでいるマンションは亡き夫と暮らしたところで、いまだに亡き夫の名義を変えず、貞操を守っているような印象がありました。有閑マダムというか、薄幸の未亡人というか。とにかく清楚で美しく、そして賢い上に人柄も素晴らしい。そんな高根の花を一体だれが落とすのか注目していたのですが、まさか不倫とは」

「やはり寂しかったのではないでしょうか」と、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「ご主人を亡くされて7年と知り、そんなに長く、ひとりで過ごしてきたとすれば、寄り添える相手を求めていたとしても不思議ではありません。今に始まったことではありませんが、芸能人同士が親密になるパターンとしてよくあるのが舞台やドラマでの共演。長い時間を共に過ごすことで悩みや喜びも共有できるからでしょう。気が付いたら不倫関係という、許されない恋に溺れていたのかもしれません」

 所属事務所は日刊ゲンダイの締め切り時点ではノーコメント。杏樹は、ラジオ生出演を体調不良で欠席した――。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント