ナゾの「256動画」も盛り上がらず

単なる話題作りかと思ったら違った。ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」が4日に公式インスタグラムで公開した10秒ほどのカウントアップ動画。ライブ中に沸き起こる「嵐コール」が流れる中、真っ黒の画面に白い数字で示された1~256の数字がカウントされ、「Februar 2020」でピタリ止まる例のアレだ。

 数字の説明などが一切ないため、ファンの間では動画をめぐって様々な解釈がネット上で飛び交い、話題となっていたが、5日、数字の意味が公表された。2001年1月にリリースされ、現在は廃盤の1stアルバム「ARASHI No.1~嵐は嵐を呼ぶ~」から、17年10月発売の「『untitled』」までの全16タイトル・256曲(ベストアルバムとサウンドトラックを除く)を7日から順次デジタル配信するというのだ。


 嵐ファンはさぞ大喜びかと思いきや、なぜか、かつてのような大きな盛り上がりはみられない。一体、どうしたのか。

「嵐ファンは今、急激にファン離れが進んでいるのです。ツイッター上でも、かつては『SNSの開設なんて最高』と大喜びしていたファンが、嵐ファンをやめる意味を表す『担降り』『巣立ち』などと書き込み、嵐関連のツイッターのフォローをどんどん外している。それどころか、最近は『愚痴垢』といって嵐メンバーに対する"悪口"らしき書き込みもツイッター上で目立つようになったほか、『もういいわ、関心がなくなったわ』という投稿もある。『256動画』の狙いは、"謎のメッセージ"で注目を集め、あらためて嵐の活動に興味を持ってほしいという思いが込められていたのかもしれません」(芸能記者)


「嫌いは好きの裏返し」とはよく言うが、「大好き」から「大嫌い」とは余りに極端だろう。「担降り」「無関心になった」という嵐ファンはどんな心理状態にあるのか。明大講師の関修氏(心理学)はこう言う。


「二宮和也さんの結婚や、櫻井翔さんの女性との海外旅行、メンバー同士の不仲説……など、ファンにとっては、今まで自分の人生をかけて愛情を注ぎ、理想像を投影してきた嵐というグループ、大好きだったメンバーのイメージが突然、一気に崩れてしまい、裏切られたという思いなのでしょう。まさに愛情が憎しみに変わったと言えます。『無関心になった』とは最後の段階で、自分にとってもはや不必要であり、"商品"のような存在になってしまったという冷めた感情です」

 今年末に活動休止するまで応援し続ける嵐ファンはどの位いるのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント