櫻井翔も結婚すれば「仕事に支障」が出るのか?

 松本および大野智とは異なり、櫻井翔と相葉雅紀は、二宮の結婚発表を受けて祝福コメントを提供している。櫻井のメッセージでは、<中学生のころに出会った幼なじみの一人としては、幸せになってほしいと願うばかりです>との一文が注目され、ファンの間では「嵐のメンバーとしては祝福していないのでは?」との憶測が飛び交った。

 また、12月21日の「日刊スポーツ」での櫻井の発言も、「二宮への皮肉」と話題に。櫻井はグループ活動休止までの1年間は、個人のことよりもグループの活動を優先すると取れる発言していたからだ

<とにかくあと1年は個人の事を度外視して、嵐じゃないとできない事、嵐じゃないと見られない景色を追い求めていきたい>

 こうした櫻井の言葉を、ファンとしては信じたいものなのだろう。そのぶん、櫻井が結婚に踏み切ろうとしているという報道に対して、「嘘つき」「言っていることとやっていることが違う」といった非難や反発の声が溢れているのかもしれない。

 ただ、二宮はすでに結婚しており、他4人のメンバーもすでにお互い意思を固めた相手がいるのならば、いつ結婚したって良いような流れではある。東京五輪関連をはじめとした、ラストイヤーの大仕事は複数あるが、結婚が仕事の支障になるというわけでもあるまい。

 強いて言うなら、ファンの動揺が彼らの仕事に影響を与える懸念はある。ジャニーズ事務所はできるだけ穏便に、祝福されるかたちでの結婚を模索していることだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント