キンプリ永瀬廉が“快速チャリライダー”映画「弱虫ペダル」主演、ヒロインは橋本環奈

King&Princeの永瀬廉(20)が、自転車レースを題材にした青春漫画の実写映画「弱虫ペダル」(夏公開、三木康一郎監督)に主演することが17日、発表された。昨年公開の「うちの執事が言うことには」に続く2度目の映画主演となる。

 演じる主人公は、地元・千葉から秋葉原に“ママチャリ”で通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あるきっかけで自転車競技部に入部し、勝利するための努力を覚えていく役どころだ。撮影を前に自転車の練習に取り組んでおり「1つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかり伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたい」。東京五輪で日本中が熱狂する今夏、永瀬はスクリーン上でアスリートとして躍動する。

 昨年12月から今月27日まで“KING組”の3人で主演する舞台「ジャニーズ・アイランド」を上演中。年末は2年連続で出場したNHK紅白歌合戦のほかに音楽特番出演など多忙を極める中、合間を縫って、時速40キロ近い激走や山道での全力疾走などの練習をこなしてきた。渡辺航さん原作の漫画やアニメにも没頭し「すっかりハマり、気付くと朝になっている日々が続いています」と撮影に向けた準備は万全だ。

 ヒロインとなる自転車オタクの競技部マネジャー役は、橋本環奈(20)が演じる。昨年は映画4本に出演するなど、各方面から引っ張りだこの橋本は、オファーの前から原作に触れていたようで「みずみずしさあふれる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、スピード感あふれる絵がとても大好き」と出演に喜びもひとしお。また、橋本同様に最近の活躍がめざましい伊藤健太郎(22)が主人公のライバル役を演じる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント