“ワンオクのパパ”森進一のSNSにハート絵文字があふれる訳

〈パパ、可愛い~〉〈パパさん、素敵です〉〈パパの優しさと愛が伝わってきます〉……歌手・森進一(71)の10月31日付のインスタグラムのコメント欄が、そんな言葉とハートの絵文字であふれ返っている。


「ぴあの『ライブ・エンタテインメント白書』という市場調査があるんですが、その中の『性別×世代別 お気に入り登録アーティストランキング』の男性、女性それぞれの上位に、ロックバンド『ONE OK ROCK(ワンオクロック=以下ワンオク)』がランクイン。森さんは自身のインスタに、このランキングのワンオクの文字に、蛍光ペンで線を引いて強調した写真をアップしたのです」(音楽誌ライター)

 ご存じの通り、ワンオクのボーカルTaka(31)は森の長男。そのため、ランキングの写真をアップすると共に〈何時も応援ありがとう〉と、自慢の息子のファンに感謝の言葉を伝えた。


親バカといえば親バカだが、親心を感じるこの投稿に、森のファンとワンオクのファンが反応。冒頭のように次々とコメントを書き込み、その数は11月7日現在で620件、「いいね!」は2万3000件を超えている。


「いまや世界的な人気となったワンオクですが、父親である森進一さんもファンから、それは熱烈に愛されているんですよ」と話すのは、10年以上、森のステージで司会を務めるフリー司会者の矢内洋美氏だ。こう続ける。

「森さんのリサイタルでは、会場に響くファンの声援がとにかく凄いんです。昔からずっと変わらない、いわゆるアイドルを応援する"黄色い声援"というやつですね。森さんもお元気ですが、ファンもとってもお元気なんです」

 リサイタルに来るファンの平均年齢は60代から70代だが、アンコールになると毎回、ファンの興奮がピークに。席を離れ、森が立つ舞台下に押し寄せるファンもいるのだという。ちなみに、ファンが声援を送る際の呼び名は「森さん」。「進一」でも「進ちゃん」でもなく、昔からずっと変わらず"さん付け"なんだそうだ。


「会場に入る際には杖をついていたファンが、アンコールでは杖を放り出して舞台下に駆け寄ることもあります。森さんの歌を聞いてアドレナリンが出て、お元気になっちゃうんでしょうね。リサイタルのアンコール風景は、さながらロックコンサートのようなんですよ。皆さん、おけがもなく、すがすがしい顔で会場を後にされます」(矢内洋美氏)

 来年で歌手生活55周年を迎える森。自分のファンに加え、息子のファンの心までつかんでしまうとは、アーティストとして、まだまだ息子には負けていない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント