来年で活動休止の嵐 YouTubeチャンネル今さら開設の狙い

 アイドルグループ「嵐」が9日にYouTubeチャンネルを開設。デビュー曲の「A・RA・SHI」を含む5曲を配信し、登録者数は115万人(11日現在)を超えた。またSpotify、Amazon Musicなど、定額制の音楽ストリーミングサービスでの楽曲配信もスタート。


 ネット上では〈さすが嵐〉〈つい見ちゃった〉〈他の曲も公開して欲しい〉と歓喜のコメントが相次いだ。

「ジャニーズ事務所はネットを使ったビジネスには消極的でしたが、近年は大きな変化が続いています。会見で撮った写真をタレントの肖像権保護を理由にネットニュースへの掲載さえ認めていなかったのに、昨年2月にそれを解禁。今年5月には山下智久さんが所属タレントとして初となる公式インスタグラムも開設しました」(スポーツ紙デスク)

 山下のインスタグラムは開設から約7時間半後には登録者数が100万人を突破。現在は約370万人にまで増えている。


気になるのは、来年いっぱいで活動休止する嵐がこのタイミングでYouTubeチャンネルを開設した狙いだ。音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏が言う。

「YouTubeは8月のSixTONESに続き2グループ目。このタイミングで1番人気の嵐を起用したのは、新体制になったジャニーズ事務所がネット戦略を強化していくという方向性、メッセージを強く打ち出すためでしょう。ジャニーズ事務所はネットと長らく距離を置いてきましたが、若いファンのテレビ離れが加速しています。時代の流れには逆らえないということでしょう。また、少子化で日本の芸能市場が小さくなっていくので海外進出の足掛かりにもネットは重要。ジャニーズは台湾で人気ですが、今後はアイドル人気が高い、タイやインドネシアなどの東南アジアでのファン拡大を視野に入れているのだと思います」

 YouTubeに配信された嵐5曲の再生回数の合計は約1200万回。最近は視聴時間や動画の質によって幅があるようだが、少し前まで長らく1再生当たり0.1円程度といわれてきた。仮に0.1円だとすると、嵐自体は稼働せずに2日間で120万円を稼いだことになる。これから“活動休止特需”も手伝って、まだまだ稼ぎそうだ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント