立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台に転落目前で、TBSに待ち受ける”地獄絵図”

 落語家・立川志らくがメインキャスターを務める新情報番組『グッとラック!』(TBS系)が予想以上の大苦戦を強いられている。

 初日(9月30日)の視聴率は第1部(御前8時~9時55分)が2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)、第2部(午前9時55分~10時25分)が2.4%。第1部においては、『ビビット』最終回(9月27日)の3.1%にも及ばなかった。

 2日目(10月1日)は第1部=2.6%、第2部=1.8%と後退。3日目(同2日)は第1部=2.3%、第2部=1.4%とさらに下げ、第2部に至っては0%台転落も現実味を帯びてきた。

「終了した『ビビット』の視聴率は2~3%台。通常、新番組となれば、最初くらいはアップするものですが、まるで注目されていないことが露呈してしまいました。志らくは後番組『ひるおび!』で、辛口コメンテーターとして人気が得ましたが、“朝の顔”ではやはり難しい。その時間帯の主たる視聴者は主婦層ですが、とてもその層に支持されるとは思えません」(テレビ誌ライター)

『グッとラック!』に関しては志らく以外でも、キャスティングにも疑問が残るという。 

「イケメンの国山ハセンアナはともかく、原稿読みすらまともにできない新人の若林有子アナなど論外。『ちゃんと研修したの?』というレベル。このまま何も手を打たないと、本当に視聴率0%台まで落ちてしまう可能性は十分あるでしょうね。そもそも志らくがMCをまかせられるのに、『ひるおび!』も続投すること自体ナンセンスな話です。『グッとラック!』の希少性が出ませんから」(前出・ライター)


番組開始早々、てこ入れの必要性を迫られてしまった『グッとラック!』。この先、大きな不安を抱えていくことになるが……。

「TBSにとっては、『ビビット』並みの視聴率を維持できればよかったのですが、ここまでひどいとは想定外だったのではないでしょうか。だからといって、半年かそこらであっさり打ち切ってしまうと、志らくに傷をつけてしまう。そうなると、最低でも1年は番組を続けないといけないわけです」(テレビ局関係者)

この前代未聞の低視聴率のまま、『グッとラック!』が継続するとなると、TBS的には、まさに“地獄絵図”となってしまう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント