大野智「第2の人生」餃子屋が浮上

10月17日発売の『女性セブン』(小学館)が、嵐が出演する日立のCM撮影時のオフショットを公開。撮影時に行われたインタビューでは、CMのテーマである「ハロー!ハピネス」にちなんで、メンバーがそれぞれ家で過ごす「ハピネスな時間」について語っている。



 リーダーの大野智(38)は、自身が幸せだと感じる時間について「スーパーで自分の食べたいものを選んでいるとき」と切り出し、「最近は、ちゃんと皮から餃子を作った」「余ったものは冷凍している」と、自宅で餃子を手作りしていることを明かした。



「大野は、2017年6月の『ザテレビジョン』(KADOKAWA)の企画で、二宮和也(36)とともに、餃子とラーメン作りにチャレンジしています。その中でも“家で餃子を作っている。納豆を入れて”、“ひきわり納豆バージョンと普通の納豆のバージョン、両方作って、ポン酢で食べたらおいしかった”と、自宅で納豆餃子を作っているとも話していましたが、今でも餃子作りを継続しているんですね。あれから2年たっているわけですから、大野の納豆餃子はさらにレベルアップしていることは間違いないでしょう」(芸能記者)



 餃子は栄養バランスに優れた「完全食」とも言われている。納豆餃子について、管理栄養士に話を聞いた。



「餃子の材料である皮は炭水化物、豚ひき肉はタンパク質とビタミンB群や亜鉛、鉄分、カリウム、白菜、ニラ、ネギといった野菜はビタミンやミネラルなどが含まれていて、栄養バランスがとても良いんです。
ただ、餃子だけでは、ビタミン、ミネラル、食物繊維が1食分の栄養量としては足りないんです。そこにビタミン、ミネラル、食物繊維を含んでいる納豆を餃子に加えると、栄養バランスはグッと良くなります。さらにタンパク質もより豊富になるため、ダンスやアクロバットなど、激しい動きをする嵐の5人にとって、納豆餃子は最高のメニューだと思いますよ」


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント